第42回明治神宮野球大会 チーム紹介

  • 神村学園高等学校 【九州代表】
    2011.11.22
    第10回 神村学園高等学校 【九州代表】
    九州大会では4試合全てで二桁安打、チーム打率は3割9分9厘と打線が好調だった。1番の新納(にいろ)をはじめ、全試合でヒットを放ったのが4人。3番の平藪も欠場した準決勝以外は全てヒットを放った。
    詳細はこちら
  • 鳴門高等学校 【四国代表】
    2011.11.22
    第9回 鳴門高等学校 【四国代表】
    秋季徳島大会(第64回徳島県大会)では決勝戦を除き5試合中4試合で二桁安打、チーム打率4割4厘でノーシードから18年ぶり11度目の優勝まで駆け上がった鳴門。続く秋季四国大会でも全3試合で二桁安打・4割2厘と引き続き好調が続いた打線をバックに42年ぶり3度目となる「秋の四国王者」に輝いた。
    詳細はこちら
  • 鳥取城北高等学校 【中国代表】
    2011.11.22
    第8回 鳥取城北高等学校 【中国代表】
    鳥取県勢の中国大会(第117回中国地区高校野球大会)制覇は47年ぶり。県2位での中国大会出場だったが、1回戦で岡山県1位の玉野光南から7得点で快勝し波に乗った。
    詳細はこちら
  • 智辯学園高等学校 【近畿代表】
    2011.11.22
    第7回 智辯学園高等学校 【近畿代表】
    今夏甲子園(第93回全国高校野球選手権大会)ベスト8のチームから、エースの青山や主将となった中道ら8人が残った。新チーム結成時から神宮大会出場を意識し、戦力は近畿NO1と下馬評も高かったが、県大会(2011年秋季奈良県大会)では3回戦と準々決勝で苦戦した。
    詳細はこちら
  • 愛工大名電高等学校 【東海代表】
    2011.11.22
    第6回 愛工大名電高等学校 【東海代表】
    スイッチヒッターを含め、スタメンに左打者が8人並ぶ。東海大会(第64回秋季東海地区高校野球県大会)では一度も選手交代がなく、9人で戦った。3試合とも4得点。好投手ばかりと対戦したこともあったが、残塁が多く攻撃の面では課題が残った。
    詳細はこちら
  • 敦賀気比高等学校 【北信越代表】
    2011.11.21
    第5回 敦賀気比高等学校 【北信越代表】
    北信越大会(第125回北信越地区高校野球大会)でのチーム打率は3割2分4厘。1回戦から準決勝まで二桁安打を記録し、決勝の地球環境戦でも9安打を放った。四死球も4試合で24個と多かったのも特徴。
    詳細はこちら
  • 浦和学院高等学校 【関東代表】
    2011.11.21
    第4回 浦和学院高等学校 【関東代表】
    2年連続の関東大会制覇。明石主将が「打撃のチーム」と話すように、関東大会のチーム打率3割6分6厘は昨年のチームを上回った。
    詳細はこちら
  • 関東第一高等学校 【東京代表】
    2011.11.21
    第3回 関東第一高等学校 【東京代表】
    宿敵・帝京との直接対決を制し、東京大会優勝を決めた関東一。毎年洗練されたチームを作り上げていくが、今年も走攻守バランスの取れたチームを作り上げている。
    詳細はこちら
  • 光星学院高等学校 【東北代表】
    2011.11.21
    第2回 光星学院高等学校 【東北代表】
    甲子園準優勝の旧チームから、田村、北條、天久、城間が残った。この4人が上位から下位まで打線の重要なポジションに散らばっている。
    詳細はこちら
  • 北照高等学校 【北海道代表】
    2011.11.17
    第1回 北照高等学校 【北海道代表】
    チーム打率3割8分5厘。『打の北照』で2年ぶりの全道王者に輝いた。チームを引っ張ったのは1番を任される1年生の吉田。19打数13安打、準々決勝の旭川工業戦からは8打席連続安打を記録するなど、バットに当たればヒットになる強烈なイメージを残した。
    詳細はこちら