私立創志学園高等学校岡山県岡山市北区下伊福西町7-38中国大会準優勝(岡山県2位)一覧へ戻る


学校長勝野 哲也
監督長澤 宏行ながさわ ひろゆき1953年4月26日生。市立西宮高→日本体育大。
76~97年夙川学院高ソフトボール部監督、東海学園大を経て、03年~08年神村学園高野球部監督(05年春準優勝)。
08~2010年3月環太平洋大監督、2010年4月創志学園高創部と同時に監督に就任。保健体育科教諭。
責任教師木口 雅文きぐち まさふみ1972年9月2日生。倉敷青陵高→香川大。
95~97年井原市立高講師、97年4月からベル学園高教諭となり、2010年校名変更した創志学園高野球部責任教師に就任。理科・情報教諭。

  
  
打順
守備
名前ふりがな
身長体重投打

打数安打





打点三振





打率出身中学
1   8投 山本 凌 やまもと りょう 2 178 70 右左 8 17 4 0 0 0 0 3 1 0 0 0 0.235 津山市立中道

2   6捕 須藤 隆成 すとう りゅうせい 2 180 96 右左 12 42 8 1 1 0 1 13 8 1 1 0 0.190 和気町立佐伯

3   4一 金山 高大 かなやま たかひろ 2 177 88 右右 12 48 16 6 0 0 8 9 2 0 0 0 0.333 大阪市立三稜
(大阪府)
4   7二 末谷 修人 すえたに しゅうと 2 175 68 右右 12 38 10 1 0 1 3 4 4 1 0 4 0.263 太子町立太子東
(兵庫県)
5   3三 吉田 大樹 よしだ ひろき 2 173 75 右右 12 45 17 2 1 0 6 5 4 1 3 3 0.378 相生市立双葉
(兵庫県)
6 2遊 野山 慎介 のやま しんすけ 2 178 73 右右 12 47 11 0 1 0 3 8 5 2 6 2 0.234 和気町立佐伯

7   5左 玉井 涼太 たまい りょうた 2 176 66 右右 12 43 10 4 1 0 10 6 3 2 0 0 0.233 芦屋市立精道
(兵庫県)
8   1中 友森 尚哉 とももり なおや 2 172 67 右左 12 47 10 2 0 0 3 11 6 1 4 0 0.213 倉敷市立北

9   9右 庄司 憩 しょうじ いこい 2 174 63 右左 12 25 7 0 0 0 1 4 4 5 2 0 0.280 三田市立狭間
(兵庫県)
10   富田 一成 とみた かずしげ 2 172 60 左左 10 21 4 2 0 0 2 4 4 2 0 1 0.190 和気町立佐伯

11   三木 将 みき まさし 2 172 73 右右 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000 相生市立双葉
(兵庫県)
12   鳥羽 竜也 とば りゅうや 2 165 70 右右 5 6 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.000 岡山市立操山

13   岩田 丈 いわた じょう 2 172 68 右右 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.000 岡山市立山南

14   勝田 新之助 かつた しんのすけ 2 170 68 右左 7 6 3 0 0 0 1 1 2 0 1 0 0.500 西宮市立苦楽園
(兵庫県)
15   則本 竜輝 のりもと りゅうき 2 176 73 右右 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 津山市立中道

16     鈴木 健也 すずき けんや 2 160 60 右左 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 岡山市立中山

17   佐藤 大志 さとう ひろし 2 173 68 右右 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 - 岡山市立桑田

18   小山 祐司 こやま ゆうじ 2 180 73 右右 6 9 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.222 大阪市立三稜
(大阪府)
19     藤井 翔斗 ふじい しょうと 2 165 72 右右 - - - - - - - - - - - - - 加古川市立山手
(兵庫県)
 平均 身長体重チーム合計試合数打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振四死球犠打飛盗塁失策打率長打率
173.05 71.105 12 397 103 18 4 1 38 70 43 15 17 11 0.2590.332
  • 注:昨夏の△は地方大会登録選手、▲は全国選手権登録選手、◎は主将。

投手成績

   
名前ふりがな学年身長体重利き腕試合数完投完封無四球投球回数被安打奪三振暴投与四死球失点自責点防御率
山本 凌 やまもと りょう 2 178 70 8 2 1 0 41 1/3 39 31 0 9 11 10 2.18
富田 一成 とみた かずしげ 2 172 60 10 4 0 0 63 2/3 68 32 0 21 26 20 2.83
岩田 丈 いわた じょう 2 172 68 1 0 0 0 1   1 0 0 1 0 0 0.00
小山 祐司 こやま ゆうじ 2 180 73 2 0 0 0 2   5 0 0 0 2 1 4.50
 平均 身長体重チーム合計試合数完投完封無四球投球回数被安打奪三振暴投与四死球失点自責点防御率
175.5 67.75 12 6 1 0 108 113 63 0 31 39 31 2.58


公式戦 12試合 10勝2敗

月日場所大会スコア
対戦校安打打点三振四死球犠打飛盗塁失策投手名














自校相手
8/29 瀬戸球場 東部地区予選第1戦 11 - 4   岡山大安寺 17 9 10 4 3 10 1 3 2 1 2 0 3 1 山本、富田 太田、是友
9/4 岡山理大附属G 第2戦 4 - 1   岡山白陵 7 4 4 1 2 10 5 1 0 1 2 0 1 0 山本 山本
9/5 邑久球場 第3戦 4 - 1   岡山南 8 8 3 1 5 5 6 3 3 3 1 0 1 1 富田 仲間
9/11 邑久球場 第4戦 7 - 0   邑久 13 6 5 0 7 7 3 2 2 0 3 2 0 1 山本 井脇、藤井
9/25 エイコンスタジアム 岡山県大会1回戦 5 - 3   倉敷商 10 7 5 3 6 4 4 1 1 1 0 4 0 0 富田 西、伊達
妹尾
9/26 倉敷マスカット
スタジアム
準々決勝 2 - 1   作陽 4 8 1 1 4 4 4 1 2 1 1 1 0 2 富田 鈴木、森西
10/2 倉敷マスカット
スタジアム
準決勝 4 - 2   岡山学芸館 10 6 3 2 6 2 4 2 2 3 3 0 0 2 富田 海野、真黒
10/4 倉敷マスカット
スタジアム
決勝 1 - 17   関西 6 25 1 17 11 4 2 6 0 0 2 2 3 1 富田、岩田
山本、小山
水原
10/22 県立浜山球場 中国大会1回戦 3 - 2 11 松江商 10 6 2 2 2 4 5 4 2 1 1 1 0 2 山本、富田 松本、廣江
10/24 県立浜山球場 準々決勝 2 - 1   広島国際学院 6 10 1 1 13 3 2 4 1 2 0 0 1 1 富田、小山
山本、富田
今井
10/30 県立浜山球場 準決勝 4 - 3   鳥取中央育英 7 9 3 3 3 8 5 3 0 4 1 0 0 4 富田、山本 福田
10/31 県立浜山球場 決勝 0 - 4   関西 5 15 0 4 8 2 2 1 0 4 1 2 2 2 山本、富田 水原
一試合平均スコア得失点計安打打点三振四死球犠打飛盗塁失策
自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手自校相手
3.92 - 3.2547 - 39 8.58 9.42 3.17 3.25 5.83 5.25 3.58 2.58 1.25 1.75 1.42 1.00 0.92 1.42

練習試合 41試合 20勝16敗5分

【準公式戦】岡山県一年生大会 11/7●5-9玉野光南(P小山、岩田、松本)

相手校:神戸村野工○○、立命館宇治●、北稜○、倉敷南○、岡山一宮○、滝川第二○●、洲本●、須磨東○、佐用○△、神村学園●、市立西宮●△、岡山県共生●○、柳井学園○、高川学園●、明石●○、菰野●●、東大阪大柏原○○、尼崎産○○、広島商△、東邦●●、岡山県共生●○、出雲北陵○、関東一△、松阪●、木本●、市立岐阜商△、花巻東○、興陽○○ 


コメント

チーム防御率は出場32校中26位、打率は同30位。


創部半年、全員が1年生という構成で秋中国準優勝までのぼりつめたが、下級生ゆえ、数字面では他のチームに劣るのは致し方ない。しかし敗れた2敗はいずれも決勝で戦った関西。中国大会では初戦から3試合連続1点差勝ち。12試合で3点差以内が8試合と接戦を粘りぬいたのが初出場へ繋がった。投手は山本と富田の継投が基本だが、このパターンがはっきりと確率されたのは中国大会に入ってからだった。


これは中国直前の10月11日の練習試合から4試合連続でこのパターンを続けていたことからも伺える。どちらの投手も先発、リリーフ両方出来るのが強み。長澤監督の起用も見事に的中したようだ。練習試合の状況を見ると、8月6日から19日まで1試合もこなしていないのが興味深い。三重県・熊野の合宿を行っていたようだが、半月近く試合をまったくしないのは珍しいと言えるだろう。


過去の戦歴

高校別データベース 創志学園



  • 注:上記データは、主催者が発表した出場校提出の試合成績報告書に基づく。本大会での登録選手はこの限りではありません。

  • 監修:松倉 雄太