みんなの新年の抱負を聞かせて!【出動!球児に聞き隊!】2018年01月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2018年がスタートしました。新春恒例の新年の抱負。前回の「あなたが振り返る今年の漢字」に続き、今回は各地の選手たちに新年の抱負を語っていただきました。

きみの新年の抱負は?

松澤海渡(帝京・投手) 勝てる投手に!
「これまでは公式戦も練習試合も負けた試合は自分が投げていたことが多く、前田(三夫)監督からも『どんなに良い球を投げたとしても、勝たなければ意味がない』と言われてきました。ですから、夏の大会以降、『勝てる投手』をテーマに練習しています。この冬は、最後の夏に向けて大事な時期になりますが、ピンチで三振が取れるようにストレートの質を上げていきたいです。そして、チームの中心として『自分が引っ張っていくんだ』という気持ちで、周囲からも信頼される投手になりたいです」
右サイドから常時140キロ前後のストレートを投げ込む松澤 海渡投手。実力は東東京トップレベル。今年は大事なところで勝てる投手を目指していきます。

長沼 航(中央学院・内野手)強い気持ちを忘れず!
「気持ちです。関東大会ではエラーをしてしまったのですが、そこで引きずってしまったのが反省点です。だから今年1年はミスがあっても引きずることなく戦っていきたいと思います。」
長沼 航選手は、新チーム直後の練習試合で5割近い打率を残し、1年生ながら3番ファーストのレギュラーを獲得。関東大会決勝戦で3ランを打つ大活躍を見せましたが、長沼選手は打ったことよりもミスしたことが頭に残っているようです。ミスをした後、強い気持ちを持ち続けることは大変です。しかしそれを乗り越えた先には、もっと勝負強い自分を見せることができると長沼選手は語ります。春では成長した姿を見せるつもりです。

薪谷宗樹(乙訓・捕手)感謝の気持ちで戦いたい!
「この冬は秋に負けた悔しさを忘れず練習に取り組んできました。今年はどこにも負けたくない気持ちを持って勝ちにこだわってやっていきたいです。1月には選抜の選考委員会があり、もし自分たちを選んでいただきましたら、これまでいろいろな人に支えてられているので『感謝の気持ち』を持って、精一杯やっていきたいです」
 昨秋、正捕手として近畿大会4強入りに導いた薪谷捕手。初の甲子園出場へ大きく前進しましたが、甲子園出場が決定しても、感謝の気持ちを忘れずに戦っていきます。

 去年経験した反省点が今年の抱負になっています。ぜひその目標を実現できるよう頑張ってほしいです!
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
帝京vs創価【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
帝京vs明大中野八王子【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
帝京vs八王子【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
帝京vs都立町田【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
三重vs乙訓【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第633回 【3日目見所】2回戦注目の好カード・明徳義塾vs中央学院など3試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第475回 中央学院「普遍性」と「再現性」で中央学院旋風を【野球部訪問】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第636回 田中 悠我(帝京) 「次こそ夢の聖地へ!」 【2018年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第454回 阪神タイガース 原口 文仁選手(帝京出身) 「大飛躍につながった打撃面のチェックポイント」 【2016年インタビュー】
第293回 福岡ソフトバンクホークス 中村 晃選手【後編】「量をやりながら、質も求める」 【2015年インタビュー】
乙訓 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム