今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?【出動!球児に聞き隊!】2017年09月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回の球児に聞き隊では、今夏の甲子園大会で影響を受けたことについて伺いました。様々なドラマ、記録が生まれた今大会。球児はどんな影響を受けたのでしょうか?

今夏の甲子園大会で影響を受けたことは?

1位 応援
最も多かった回答は、意外にも応援という結果になりました!特にアゲアゲホイホイやダイナミック琉球といった応援に影響を受けているようです。実際に秋季大会ではダイナミック琉球を歌っているチームはかなり多くなっています。2018年の応援トレンドはダイナミック琉球になるかもしれませんね!

2位 バッティング
2位にランクインしたのはバッティングでした!大会本塁打数を更新する68本塁打を記録した今大会。「甲子園で長打を打つバッターはみんな強いスイングをしている。自分もフルスイングして長打を打てるようになりたいです」という選手や、「バックスクリーンに本塁打を打ったり、逆方向へ本塁打を打つ姿を見て、大きく憧れを持ちました」と語る選手もいました。ピッチャーからも「甲子園では狙った球じゃなくても甘く入れば長打にされる。ピッチャーとしても気を付けようと思いました」という声が上がっていました。

3位 同学年の活躍
3位になったのは甲子園で戦う同学年の姿でした。大阪桐蔭藤原 恭大東海大菅生戸田 懐生花咲徳栄野村 佑希など「ミレニアム世代」が多く出場し、輝きを放った甲子園。「同学年の選手ですでに高いレベルで戦っていて、自分たちはそういうところとも戦っていくという気持ちを持ち、追い越していこうという気持ちになった」と刺激になっている選手が多数いるみたいです!

 その他には明豊天理戦で見せた最後まであきらめない姿勢、広陵中村 奨成のバッティング、大阪桐蔭徳山 壮磨のコントロールなどに影響を受けているという声もありました!
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第151回 大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大が日体大相手に存在感を示す!【ドラフト特集】
第147回 清宮幸太郎に続け!今年の高卒1年目野手はハイレベル!【ドラフト特集】
第14回 2017年の人気動画ベスト5!みんなが気になる映像はどれ?【動画編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第140回 藤原恭大、小園海斗を中心に見逃せない枚方ボーイズ出身の逸材たち【ドラフト特集】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」 【2017年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
戸田 懐生(東海大菅生) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム