2・3年生に聞きました!新入生に負けないところは?!【出動!球児に聞き隊!】2017年05月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回は、2・3年生に「新入生に負けないところ」の話を伺いました。新入生が入部して、早1ヶ月が経ちました。すでに、チームの主力になっている新入生も、少なからずいることでしょう。しかし新入生に対し、2・3年生も黙ってはいません!どんな回答が見られるのでしょうか?!

2・3年生が語った新入生に負けないところは?!

1位 気合と根性
1位にランクインしたのは「気合と根性」。きつい練習を乗り越えるために「気合と根性」は必要不可欠!高校野球の先輩としてのプライド、負けられない一面とも言えます!

2位 チームワーク・仲の良さ!
高校野球の先輩として、苦楽を共にした仲間との絆は、新入生には負けていないようです!団体競技ならではの、思いやりや仲間を思う気持ちは非常に大切です。新入生には、これを機にさらに仲を深めて行ってもらいたいですね!

3位 声!
「声」というものは、新入生には負けないところですね。指導者へのアピールであったり、自分を奮い立たせるためにも大事な要素といえます!声が出ているということは、元気があるということ。指導者も「試合で使ってみるか!」と思うかもしれませんね!

 今回の回答では、2・3年生の「意地」のようなものが感じられました。特に3年生にとっては、残り少ない高校野球生活です。レギュラー入り、ベンチ入りを目指している気持ちが存分に表れていましたね!今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第46回 出動!球児に聞き隊!【気合の入れ方は?】【野球総合研究所】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム