野球用品専門店のスタッフに聞いた!グラブの寿命が長くなるメンテナンス方法2016年05月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 この春、晴れて高校球児の仲間入りをした新入生の皆さんは、グラブのメンテナンスをどのように行っているだろうか。誤った手入れをしていると、かえって汚れが広がってしまったり、グラブの寿命が短くなってしまうことがある。そこで今回は、前回に引き続きBASEMAN飯田橋本店の池北 晃明さんにグラブのメンテナンスについてお話を伺った。

グラブには適度な保湿と適度な潤いを!

メンテナンス方法を紹介する池北 晃明さん

 グラブには適度な保湿・適度な潤いが必要だと池北さんは言う。毎日オイルを塗って手入れをしてしまうとベトベトになってグラブが重くなってしまう。また、余分な水分がグラブにあると土が付着し汚れがついてしまうという。

 土がついた状態でオイルを塗ると、ベタついてしまい余計に汚れを伸ばしてしまう。そのため、まずはレザーローションなどで汚れを落としてからオイルを塗るという手順が大切だ。

 現在では、忙しい球児に向けて、汚れ落としとツヤ出しを兼ねているオイルが市販されているが、池北さんによると「さらにツヤを出しグラブを美しく保ちたい場合は、革靴や革製のカバンを磨くためにあるラナパーや、コロニーオイルを使うとグラブをきれいに保つことができる」とのことだ。

グラブは風通しの良いところに置くことが大切

風通しの良い所に置くのが肝心!

 

 新しくグラブを購入してから意識してほしいことは、風通しの良いところに置くことだ。使用後にカバンの中に入れたままにしておくと、手汗が染み付き、菌が繁殖してしまう。結果的にそれが匂いの原因や、グラブの中の劣化につながる。そのようにならないためにも、使い始めた時からグラブをカバンの中に放置せず、毎日風通しの良いところに置くことが大切だ。

 また、グラブの中の部分の保護に効果的なのが守備用の手袋だ。守備用手袋は衝撃吸収の他にもグラブを守る役割があるため多くの高校生が使用しているが、一枚しか持っていない選手が多い。しかし強い日差しと高い気温の中で行われる野球は汗をかきやすく、手袋からグラブへ汗がついてしまうため中で蒸れてしまう。だからこそ守備用手袋をアンダーシャツのように複数枚持ち、汗をかいた時に交換してほしいと池北さんは言う。

 新入生のみなさんが、今回のグラブのメンテナンス方法を取り入れて、野球をやる上で重要なパートナーとなるグラブを長持ちさせ、今後の試合で大いに活躍してくれることに期待したい。

最新のお手入れグッズ!爽やかに香るメンテナンスシリーズ

爽香守をグラブに塗って気分も爽やか!

 

 梅雨の時期になると、さらに気になるグラブのにおい!今回は、そんなプレーヤーたちの悩みに答えるオススメお手入れグッズを紹介その名も、『爽香守(そうこうしゅ)』(ミズノ社)!

 使い込む前のグラブを購入したすぐあとに塗るのもオススメ。手で直接塗ることができて、さらに、ビタミンEの効果でグラブに潤いを与えられる!とにかく良い香りがするコンディショナーなので、嗅ぐだけで爽やかな気分になる一押しのグッズだ!定期的にメンテナンスを続けることで、グラブの寿命はとても長くなる。


【爽香守の開発秘話もミズノ社サイトで公開中!】

注目記事
【4月特集】新高校球児のための入部ガイド

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第370回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「名手を支えるグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
第18回 選抜高校野球大会からみる最新野球用具トレンド【野球総合研究所】
第11回 18Uの日本代表メンバーからみる用具トレンド【野球総合研究所】
第97回 ミズノグラブマイスター 岸本 耕作さん 【2012年インタビュー】
第43回 ミズノスポーツ事業部 岸本 耕作さん 【2010年インタビュー】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム