出動!球児に聞き隊!【好きなテレビ番組は?】2016年04月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 春と言えば出会いと別れの季節。先輩が卒業して約1ヶ月、そして新入生が加入し、気持ちを新たに夏の大会に向けて日々練習に取り組んでいるところだと思います。そんな高校時代の青春を高校野球に捧げている球児の皆さんも普段は普通の高校生。そこで今回の「球児に聞き隊」は、最近の高校生のトレンドを知るべく好きなテレビ番組について聞いてみました!やっぱりみなさん野球が好きみたいですね!

好きなテレビ番組は?

1位 アメトーーク
1位に選ばれたのは、「アメトーーク」でした!
「高校野球大好き芸人の回が好きです!」と答えてくれた球児や「勉強大好き芸人の話がすごくためになる」といった意見がありました。アメトーークには大谷 翔平選手(日本ハムファイターズ関連記事)や絵心ない芸人の回の時に前田 健太選手(ロサンゼルスドジャース関連記事)が登場するなど、野球と関係する回が多数あることや、芸人さんたちのおもしろいトークが球児たちを引き付けて堂々の1位にランクインしました。

2位 Going! Sports&News
2位にランクインしたのが、「Going! Sports&News」です!
KAT-TUNの亀梨 和也さんがホームランプロジェクトや140キロプロジェクトなど野球経験を活かした体当たり企画を行い、各球団のエースや強打者たちからアドバイスを受けています。球児たちからは「野球に特化した話が多くおもしろい」「一流選手たちの話がためになる」といった声が多く寄せられました。またMCの上田 晋也さんのトークもテンポが良く、普通のスポーツ番組とは一味違うところが球児たちに好評のようです!

3位 野球中継 ダイヤのA
「野球中継」と「ダイヤのA」が同率で3位でした。
なんといってもみなさん高校球児だけあって野球が大好きみたいですね!野球中継を選んだ球児は「憧れの選手のフォームを自分に取り入れている」「野球が好きだから」という声があり、ダイヤのAを選んだ球児たちからは「青道野球部に入りたい!」や「現実的な内容でストーリーも面白い」というような意見がありました。

 惜しくもランクインしなかったものの、熱闘甲子園や珍プレー集などの野球バラエティも多数挙げられていて、ほとんどが野球関連の番組。野球番組の他には情熱大陸やプロフェッショナルを挙げる渋い球児もいました。恐るべし高校球児...

 今回の質問で1位と2位の番組は深夜帯の番組にもかかわらず多くの球児たちが見ていることが分かりました。また、高校球児といことで上位すべての番組に野球が関係していることから、みなさんは野球をしていないときでも野球のことを考えているのだなと感じました!
今後も、全国各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第518回 ロサンゼルス・ドジャース 前田 健太投手(PL学園出身)「投球も守備も上達する野球の向き合い方」 【2017年インタビュー】
第18回 『怪物の直接対決』大谷翔平(花巻東)vs 藤浪晋太郎(大阪桐蔭)2012年センバツ1回戦の投げ合いを語り尽くす!【センバツ2017】
第47回 近江兄弟社高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2017】
第9回 2016年の人気インタビュー記事BEST5!一流選手たちの生の声をもう一度!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第70回 厳しい競争を勝ち抜いた高卒1位、2位の選手は、真のスター、エリート候補生だ!【ドラフト特集】
第80回 夏の終わりにベースボールライター・小関順二氏が振り返る『PL学園の軌跡』【夏の大会特集2016】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第254回 花巻東時代の女房役・佐々木 隆貴選手が語る「アイツのこと」【後編】 【2015年インタビュー】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム