第16回 高川学園の野球ノート【第2回】「寮監督と、球児たち 毎日綴った甲子園への思い」2016年08月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 8月9日発売の話題の新刊!!累計15万部突破の『野球ノートに書いた甲子園4』の発売を記念して、この夏、甲子園初出場を決めた高川学園の野球ノートの物語をお届け中!

 今回は、第1回「甲子園初出場を決めた高川学園の野球ノート! 」の続きをお届けします!
記事は2013年刊行の「野球ノートに書いた甲子園」に掲載中!

寮監督と、球児たち 毎日綴った甲子園への思い

高川学園野球部 野球ノート(高川学園高等学校)

■11月16日(金)

 一年生の態度が凄く目につきました。

 中林はこう述懐する。
「なんというふうに表現したらいいか分からないんですけど、勝つために、いまの2年生(当時の1年生)の練習への姿勢に物足りなさを感じたことがあって、それを書いたんです」
そのときの、中野寮監のコメントはこうだった。

 後輩は、先輩の姿を見て育つ

「実際に後輩がそういう雰囲気になっているのは、自分たちがしっかりしてないからなんだと気づかされました。しっかりと取り組んでいるつもりでも、結局はしっかりやっていると思っているだけなんだ、と。だから自分たちがもっと目標となるような背中を見せて、それをうまく伝えていかなければいけないと感じました」
中野寮監の言葉は、中林に強く突き刺さり、副キャプテンとして自分がどうあるべきか、チームが勝つためにはどういった行動をしていくべきなのか、という問題意識を高めさせた。

 グラウンドでのコミュニケーションが、野球ノートによってさらに深まることもあった。冬の猛練習を乗り越え、チームも上り調子になってきた4月、中林がチームメイトを強い口調で叱責したことがあった。それを見た中野寮監は、グラウンドで中林に話をする。

「そのとき言われたのは〝俺はお前が怖いんや〟ということでした。〝言葉にするということは武器でもある、そういう口調で言うことでチームから孤立してしまうのが怖いんだよ〟というふうに言われて。でも、僕はチームが勝てるならば嫌われてもいいという覚悟があったんです。だから、それを智弘コーチ(寮監)に伝えました」

 中野は当時のことを振り返ってこう言う。
「中林は、大阪出身で口調がきつく感じられることがありました。言っていることは間違いじゃないんですけど、指導するときに威圧があるんじゃないか。もちろんそれも大事なことなんだけど、言い方には気をつけよう、ということを言ったと思います」

 そんなやりとりがあった夜、中林は野球ノートにこう書きこんだ。

 キャプテンと副キャプテンは嫌われるものと
 自分もそう思ってやってきました。
 どんだけ自分が嫌われようともそれが
 チームの成長、向上の為なら何も思いません
 理解してくれる人は、ちゃんと理解してくれるんで!!

 中野寮監の指摘はよく分かる、でもそれ以上に勝つためであれば、念願の甲子園のためであれば嫌われることは厭わない―。中林は、その思いを改めて中野寮監に訴えたのだ。

【次のページ】 高川学園の野球ノート【第2回】「寮監督と、球児たち 毎日綴った甲子園への思い」(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
宇部鴻城vs高川学園【山口県 2017年 山口県1年生大会決勝大会】
第603回 【中国大会展望】甲子園経験組が今年の中国を熱くする!出場16チームの注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
下関国際vs高川学園【山口県 2017年秋の大会 山口県大会】
第86回 出動!球児に聞き隊!【今夏の甲子園で、最も印象に残っている試合は?】【野球総合研究所】
第17回 高川学園の野球ノート【第3回】 「最後の夏、始まりの夏に書いたこと」【野球ノートに書いた甲子園・WEBSITE版】
第15回 甲子園初出場を決めた高川学園の野球ノート! (第1回)【野球ノートに書いた甲子園・WEBSITE版】
履正社vs高川学園【第98回全国高等学校野球選手権大会】
第43回 履正社ヒストリー!山田哲人がいた2010年をきっかけに甲子園常連チームへ駆け上がる【夏の大会特集2016】
広島新庄vs高川学園【2013年秋の大会 第121回(平成25年度秋季)中国地区高校野球大会】
高川学園vs岡山理大附【2013年秋の大会 第121回(平成25年度秋季)中国地区高校野球大会】
高川学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム