印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 清峰高等学校(長崎) 吉田洸二監督2012年03月29日

 05年の春に長崎・清峰高校を甲子園初出場に導くと、06年の春に甲子園準優勝。さらに、09年春のセンバツでは優勝を果たしました。
 2011年、昨夏の長崎大会では決勝まで勝ち上がるも、7対8で海星に惜敗。あと一歩で夏の甲子園に届きませんでしたが、今は新たな取り組みで、また全国でも勝てるチームを再び作り上げている清峰の吉田洸二監督。

 今回は、そんな吉田監督に、センバツで優勝後、改めて気づいたこと。また昨今の甲子園優勝校のプレーをみて学んだことなど、伺いました。

■関連記事
第84回選抜高校野球大会特集ページ
3月特集「夏予選まで100日のカウントダウン」

【目次】
[1]打撃に注力した理由
[2]「右打ち」をせず、強く叩け
[3]伸びる選手の特徴


打撃に注力した理由

合宿や遠征先で力を発揮するために

――センバツ優勝当時、清峰の練習で行なっている「丸太トレーニング」が一時期話題になりました。今でも、トレーニングでは器具は使わないのでしょうか?

吉田洸二監督(以下「吉田」)   丸太トレーニングについては、メディシンボールを買うお金が無かったから、それで始めたんですよね(笑)ただ、以前は確かに器具を使わないトレーニングを行なっていましたが、現在はトレーニングをした方が良い筋肉の部分と、そうでない部分があることを学んだので、この2年でトレーニング方法も変わりましたね。

 日本の高校野球は、大半が冬場に体をしっかり鍛えるチームが多いと思いますが、清峰は2年4ヶ月かけて体作りをします。天候や気温関係なく、大会前でもシーズンオフの期間でも年間通じて週2回、同じメニューのトレーニングを実施するんです。
 そうしないと、清峰は常に力のある選手が集まるわけではなくて、寮ではなくて通いの選手が多いチームなので、オフシーズンだけトレーニングに力を入れているようでは、甲子園では通用しないんです。

――実際に夏の大会での選手たちのプレーも変わってきましたか?

「吉田」  これまでは、清峰は秋から春で結果を残してきた印象が強いと思いますが、去年は夏の県大会で準優勝をしました。創部当初は、夏は県でベスト8にも入れないチームだったので、そこを考えるとチームは格段に強くなりましたね。
 センバツで優勝後、ここ数年、思いっきって色んなことを変えてきたんです。全国制覇した時は、今と比べても圧倒的に力のある選手が集まっていたんですけど、今は当時のチームでレギュラー取れる選手は半分もいないくらい。周りの強豪私立に比べても、力は落ちているかもしれません。

――それでも、今度は夏に強いチームへと変わってきたのは、なぜでしょうか?

「吉田」  まず絶対的に、全国で戦うには、体が大事だと気づいたんです。だから、体をしっかり作る。それがバッティングにもつながるかなと。
 清峰は、“まぁまぁのレベルの選手”を“スペシャルな選手”にしないとダメなんですね。まずは、その子が持っている体力を最大限に活かしてあげること。そして、バッティングと技術面をその子が分かりやすいように伝える。それは、こちらの技術を押し付けるのではなく、その子が理解できるように伝えていくのが大切で、僕自身も勉強していく中で、20年過ぎてやっとですけど、バッティングの大切なポイントを外さないようになってきました。

――「打撃理論」で正しいポイントを気付き始めたというのは、いつの時期からですか?

「吉田」  センバツで優勝した次の年くらいからですよ。最近、ようやく分かってきた感じですね。06年09年の優勝時には、全くそれは生かされていなかった。当時はある程度、力のある選手が多かったので、その子たちが気持ちよく野球が出来るように、力を発揮できるようにという勉強の部分に力を注いでいたからです。
 だけど、翌年からは、指導方針を変えていきました。今の選手の力をどう引き上げるか。これまでの選手に指導していたことが、今の選手にはそのポイントが合っていない可能性もある。だから、もう一度見直していったんですね。僕は春のセンバツで優勝したあとから、清峰を打撃のチームに完全に変えていきました。

【次のページ】 「右打ち」をせず、強く叩け

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第35回 清峰が悲願達成したが、伝統の海星に長崎日大、波佐見、佐世保実が追う(長崎県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第74回 甲子園で得点力が最も高い都道府県は?【データで楽しむ甲子園2016】【夏の大会特集2016】
第78回 長崎県立島原農業高等学校(長崎)【僕らの熱い夏2016】
第337回 【長崎 抽選後 展望】長崎日大、長崎海星の私学2強に割り込んだ大村工!今夏注目の逸材たちは?【大会展望・総括コラム】
創成館vs清峰【長崎県 2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球長崎大会】
第17回 10年夏の地区大会を振り返る  ~九州地区編~【大会展望・総括コラム】
海星vs清峰【長崎県 2010年夏の大会 第92回長崎大会】
那須清峰vs小山南【栃木県 2010年春の大会 栃木県大会】
西条vs清峰【2008年秋の大会 第39回明治神宮野球大会】
清峰 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム