印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第25回 夏場の集中力2011年07月30日

こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

「節電の夏」といわれて過ごす今年の夏ですが、暑い時期、皆さん元気に過ごしていますか? 白熱した地方大会を勝ち抜いた代表校チームはいよいよ甲子園大会が始まりますね。残念ながら地方大会で敗退した学校は新チームが結成され、次の大会に向けて練習を開始していることと思います。今回は暑い時期に練習や試合を行うときに、集中力を保つために意識したいことについてお話をしたいと思います。

ところで「集中力を切らすな」とか「集中しよう」と言われたり、声をかけあったりしたことがあると思いますが、集中力ってどうやって高めるものなのでしょう? 集中力という言葉が安易に使われているケースが多く、実際どうやって獲得すればいいのかはよくわからないという選手も多いと思います。集中力とは「さまざまな物事の中にあっても、一つのことに意識を集中させる能力のこと」のことを言います。野球のグランドで言われる集中力とは「目の前のボール、一つのプレーに意識を集中させること」と言えるでしょう。

しかし夏場では様々な要因がこの集中力を妨げます。環境的な要因としては天候、高温、時には強風など自然環境のよるもの、個人的な要因としては、暑さによる体力低下、体調不良(熱中症の傾向など)、前日からの睡眠不足や栄養不足といった身体のコンディションに関するものや、不安やストレスなどメンタル面でのコンディションに関するものがあげられます。こういった集中力を妨げる要素が大きければ大きいほど、集中力は下がりやすく、プレーのミスや突発的なケガなどを誘発します。また集中力の欠如は不必要なケガを誘発しやすいことに加えて、体調不良などの自覚症状の訴えが遅れることにもつながります。暑い中、プレーを続けているうちに熱中症などで倒れてしまうといったことにもなりかねないため、指導者は特に注意が必要になります。集中力の欠如をもたらす要因を一つずつ解決していくことが、集中力を高めるキーポイントになります。

【次のページ】 夏場の集中力(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第175回 日焼けによる疲労とその対応【セルフコンディショニングのススメ】
第132回 集中力について考える【セルフコンディショニングのススメ】
第86回 夏野菜で夏を乗り切る【栄養学一口コラム】
第95回 実力を発揮するための暑さ対策【セルフコンディショニングのススメ】
第73回 オリジナルドリンクを作ろう【栄養学一口コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム