印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第175回 日焼けによる疲労とその対応2017年08月15日

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 屋外でプレーをすることの多い野球はどうしても日焼けをしてしまうもの。特に夏休みになると練習や試合などで部活動の時間がいつもより長くなり、その分屋外で日光を受ける機会も多くなります。日焼けによって身体がほてったり、疲れたと感じることも多かったりすると思いますが、今回はこうした日焼けと疲労の関係、そして自分でできる対応などについてお話をしたいと思います。

【目次】
[1]日焼けをすると疲れる理由
[2]日焼けによる疲労を防ぐために / 日焼けをしたときの対応

日焼けをすると疲れる理由

夏は暑さとともに紫外線への対策もしっかりとろう

(1)皮膚が「やけど」をすることによるダメージ
 屋外で紫外線を浴びると皮膚が赤くなったり、黒くなったりするいわゆる「日焼け」状態となりますが、これは皮膚が軽い火傷状態になっていると考えられます。また長時間日光に当たり続けるとさらに炎症症状が進んで皮膚が赤く火照った状態となり、ひどいときには水ぶくれなどが出来ることもあります。このような炎症症状が身体のあちらこちらに見られると、その状態から回復するまでに時間を要することになります。

(2)灼熱の環境下による水分不足
 日焼けになるような環境下は気温も高いことが多く、運動をしていない状態でも身体は体温調節のために汗をかきます。適切な水分・ミネラル分を補給することが大切ですが、体内の水分が不足してしまうと血液中の水分が奪われるため、血液循環が滞ってしまうようになります。血液は全身の細胞に酸素と栄養分を届け、運動などで発生した疲労物質を回収する働きがあるのですが、この働きが低下すると動かしている筋肉に酸素が十分に行き届かなくなって思ったように動けなくなり、疲労物質もなかなか代謝・分解されないため疲労感を感じてしまうようになります。

(3)紫外線によって活性酸素が増え、正常な細胞を傷つける
 太陽光には目に見える光(可視光線)と目に見えない光があり、その中で最も波長の短い光が紫外線です。1日のうちでは正午ごろ、日本の季節では6月から8月に最も紫外線が強くなり、曇りや雨といった天候よりも快晴時により強くなります。この時期に日光に当たると紫外線を浴びることになりますが、紫外線が強ければ強いほど皮膚のダメージも大きくなるため、身体には防御反応としてメラニン色素(皮膚を黒くする働きをもつ)を生成し、紫外線から皮膚を守るようなしくみが働いています。ただこのとき、メラニン色素の生成と同時に大量の活性酸素を発生させることもわかっています。

 活性酸素は身体の免疫作用を担う必要不可欠なものではありますが、過剰に増えると正常な細胞を傷つけ、疲労物質を生み出すといわれています。日光を浴び続けると疲労を感じるのはこうした身体のメカニズムによるものと考えられます。

【次のページ】 日焼けによる疲労を防ぐために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第181回 今日から始める疲労回復マネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第180回 ランニングシューズを見直そう【セルフコンディショニングのススメ】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第178回 テニスボールを使った疲労回復法【セルフコンディショニングのススメ】
第177回 肩甲骨の動きをよくするエクササイズ【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム