印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第150回 安全限界と有効限界2016年07月30日

 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村 典子です。

 甲子園出場を決めたチーム・選手の皆さんおめでとうございます。そして惜しくも地方大会で敗戦したチームは代替わりとなり、新しいチームで秋の大会を目指していることと思います。またそれぞれの目標に向かってケガなく元気にがんばってほしいと思います。さて今回は練習やトレーニングにおける「安全限界」と「有効限界」についてお話をしたいと思います。

【目次】
[1]運動量を決める3要素
[2]安全限界と有効限界の見極めをしっかり行おう

運動量を決める3要素

安全限界や有効限界は個人差があることを理解しよう

 

 野球が上手くなるために練習を行うことは大切なことですが、ただやみくもに練習量を増やしたり、過度な負荷をかけ続けたりすると、上手くなるための練習が逆にケガを誘発してしまうことになります。身体を動かすことには「種目」のほかに、「強度」「時間」「頻度」という3つの要素があり、これらの要素が全体的な運動量を判断する目安となります。安全限界とは、このレベルを超えたらケガをしてしまいますよという限界値であり、これは個人個人によって違いがあります。

 新入生が上級生の練習についていけずにケガをしてしまうというのは、新入生と上級生の安全限界に差があることで起こります。

 安全限界は筋力だけではなく、さまざまな体力要素が関連します。わかりやすいところではスタミナや敏捷性、柔軟性などでしょうか。またトレーニングにおいてはトレーンニング経験も大きな要因です。正しいフォームでトレーニングを行うことが出来るかどうか(=ケガをしないで筋力強化が出来るか)というのは、今までトレーニングをしたことのない初心者と、数年トレーニングを行ってきた選手とでは変わってくるからです。

 練習量や強度が安全限界を超えてしまうと、特に体力的に弱い部分からケガをしやすくなります。例えばランニングにおける肉離れは、練習量や強度が選手の持つ筋力、柔軟性、筋持久力などを超えたときに起こりやすくなります。

⇒次のページ:安全限界と有効限界の見極めをしっかり行おう

【次のページ】 安全限界と有効限界の見極めをしっかり行おう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第21回 広島東洋カープ・菊池涼介選手が新世代の筋トレメソッドにチャレンジ!【技術ノート トレーニング編】
第112回 体重増加のために何をしたのか?体重増加で驚きのパフォーマンスアップを見せた選手も!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第110回 球春到来!オフシーズンの練習の思い出は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第161回 「ベスト・コンディション」で試合に臨むために自分のコンディショニング方法を考えよう!【セルフコンディショニングのススメ】
第127回 野球のトレーニングプログラムを計画する際の実践例とメニュー内容を紹介!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム