無死満塁コラム

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第5回 何かを仕掛けるしかない 盛岡大附vs東北 09'春季東北大会2012年05月29日

 2009年春。第56回春季東北地区高校野球大会2回戦。後の甲子園(第91回選手権)日大三を破るなど2勝を挙げた東北と対戦した盛岡大附
この大会前の練習試合で大敗していた相手に4回まで0対1と接戦を繰り広げていた。迎えた5回表に掴んだ無死満塁のチャンス。
様々な攻撃の選択肢がある中で、盛岡大附の関口清治監督の脳裏には、ある試合での場面が浮かんだ。
果たして、指揮官はどんな策をとったのか?

この無死満塁の両校の攻防を徹底解剖。

“ホームエンドラン”

【白石猛紘(盛岡大附)】

 何かをしかけるしかない――。
盛岡大附・関口清治監督はそう思っていた。

 2009年春の東北大会初戦(2回戦)の東北との試合。その後、夏の甲子園日大三を破るなど2勝を挙げた東北には、以前の練習試合で0対10と大敗していた。
 0対1で迎えた5回表、盛岡大附に願ってもないチャンスが来た。四球、バスターエンドラン成功(レフト前安打)、二塁前のプッシュバント成功(内野安打)。繰り出す作戦がことごとく当たって無死満塁になったのだ。

 打席には8番の峯岸央。打力はない。打たせれば併殺も頭をよぎるが、スクイズは「フォースアウトが怖かった」と関口監督は思い切ってヒッティングさせた。打球は痛烈なピッチャーゴロ。投手の佐藤 朔弥ははじいたが、落ち着いて本塁に送球して1死満塁となった。
打順は9番の津志田卓也。「点数を取るとしたらスクイズしかない子」(関口監督)だったため、中盤にもかかわらず思い切って代打・白石 猛紘を起用した。

 「練習試合のことがあったので、競ったところで負けるのは目に見えていた。競っても『いい試合だったね』で終わるのが関の山だと…」(関口監督)

 カウントが2ボールとなり、関口監督が動く。選んだのは、何とヒットエンドランだった。
 「白石は当てるのがうまいんです。三遊間に打つのがうまい。2-0(2ボール0ストライク)だし、外角のストレートで(ストライクを)取りに来るだろうと思いました」(関口監督)

 読み通り、佐藤が投じたのは外角低めのストレート。それを白石が狙い通りレフト前に運んで二者が生還。逆転に成功した。

 「ランナー三塁での(ヒット)エンドランは練習試合でもあったので驚きませんでした。ひきつけて、つまってもゴロを打つつもりで打ちました。2ボールだったのでそんなに厳しいコースは狙ってこない。エンドランをかけやすいカウントだし、甘い球ならゴロを打ちやすい。バットに当てる自信はありました」(白石)

 その後、2死となるが、代わった清原雄貴から2番の川村健太がレフト前へタイムリー、さらに3番の熊谷 童夢もレフトへの2点タイムリー二塁打で続いて一挙5点。その後も6回と8回に1点ずつ追加し、7対2で盛岡大附が振り切った。

 走者三塁、この場合は満塁でのエンドラン。第三者からすれば、一瞬、スクイズでサインミスをしたのかと見間違えかねない大胆な策だ。

 この、“ホームエンドラン”

 実は、この作戦を始めたきっかけがあった。

【次のページ】 度肝を抜かれた菊池雄星との対戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
聖光学院vs花巻東【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs日大山形【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
第77回 仙台育英(宮城)編「平沢大河、西巻賢二など好選手を輩出する仙台育英のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第47回 盛岡大附のマネージャーが選手たちと歩む努力の日々【頑張る!マネージャー】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs盛岡大附【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
盛岡大附vs明豊【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第10回 仙台育英高等学校(宮城)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第4回 盛岡大学附属高等学校(岩手)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第489回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「好投手たちと共に登った『成長の階段』」【前編】 【2017年インタビュー】
第457回 履正社打線が東北No.1左腕・長谷川拓帆に与えた課題 【2016年インタビュー】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】
仙台育英 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
東北学院榴ケ岡 【高校別データ】
東北生文大高 【高校別データ】
羽黒 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】

コメントを投稿する


JKで勝つ!ここでしか読めないタジケンコラム

プロフィール

田尻賢誉
田尻 賢誉
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム