無死満塁コラム

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第3回 スター誕生の瞬間 大阪桐蔭vs浦和学院 第84回センバツ2012年03月31日

第84回選抜高等学校野球大会 準々決勝。大阪桐蔭浦和学院の一戦。
両校共に一歩も譲らず、1対1でむかえた試合終盤7回裏に訪れた無死満塁。

攻める浦和学院。守る大阪桐蔭

この無死満塁の両校の攻防を徹底解剖。

その中で改めて見えてきたのは、
スターが誕生するだろう予感を思わせる無死満塁だった。

ミスをカバーしようと投げた攻めの投球

【写真:11,秋季大会より】

 2死一塁、のはずだった。
7回表に1対1の同点に追いついた大阪桐蔭のその裏の守り。エース・藤浪 晋太郎は先頭の4番・笹川 晃平にセンター前安打を許すが、続く山根 佑太の送りバントは持ち前の球威でフライを上げさせた。

バント失敗――。そう思ったが、捕手の森 友哉が一瞬打球を見失い、ミットに当てながら落球。次の球をレフト前にはじき返される。さらに、6番の明石飛真にもカウント1ボール2ストライクからストレートで押し、ファーストへファウルフライを打たせた。

が、今度はファーストの小池裕也が落球。フェンスまでは距離があったが、「フェンスを気にしてしまった。捕れた打球でした」(小池)。次の球をまたしてもレフト前に運ばれた。普通に守れていれば2死一塁のはずが、無死満塁。ミスが絡み、最悪の流れだ。

だが、ここからが今季の高校野球界“ビッグ3”といわれる藤浪の真骨頂だった。

「自分もフォアボールとかミスがある。味方のミスで一喜一憂してたらピッチャーはできない。ミスをカバーしてやろうと思って投げました」(藤浪)

西谷浩一監督から伝令が送られた後、一人目の打者は7番の吉川智也。今大会初スタメンの背番号15はこんな思いで打席に入った。
「大きいのはいらない。つなぐという気持ちでした。当てにいってゲッツーが一番ダメなので、三振OKで振っていこうという気持ちでした」
初球、120キロのスライダーが決まると、2球めは147キロのストレートを空振り。1球ボールの後、4球めに132キロのカットボールが来て空振り。三振に倒れた。
「三振OK」の気持ちでいっての空振り三振。やるべきことをやったように見えたが、そうではなかった。
「まっすぐで押してくると思ったんですけど、スライダーから入ってきた。その初球を見逃してしまって、相手の流れで配球をさせてしまいました。あのボールを狙わなきゃいけなかった」(吉川)
チャンスで初球を狙うのは鉄則。読みが外れたとはいえ、そこで勝負あり、だった。


再び伝令が来た後、二人目の打者は石橋 司1年春の関東大会で本塁打を放った好打者だが、この試合ではスタメン落ち。そんな不調の選手を藤浪は問題にしない。初球、センバツ最速記録となる153キロの速球を見せると(ボール)、2球めもストレート(空振り)。3球めにカットボールをファウルさせた後、4球めは150キロのストレートで空振り三振に斬って取った。


2死となり、西谷監督は三たび伝令を送る。1試合の伝令の制限回数である3回をすべて使い切ってしまうほど、このピンチをヤマ場だと考えていた。

「1イニングに3回タイムを取ったのは記憶にないですね」(西谷監督)

三人目の打者は9番の緑川皐太朗。無死満塁で「点が取れる」と思っていたのが、点を取れないまま2死で自分に回ってくる。プレッシャーは大きかった。
「イケイケの場面だったので、まさか自分にあのかたちで回ってくるとは思いませんでした。ここで取れなければ流れが変わってしまうと思った。何としても打ちたかった」(緑川)
気負いもあったのか、緑川は初球、ワンバウンドの134キロカットボールを空振り。2球めも132キロのカットボールを空振りした。ストレート、スライダーが外れてカウント2-2となった5球め。大阪桐蔭バッテリーが勝負球に選んだのはカットボールだった。134キロの高速変化球に緑川のバットは空を斬り、空振り三振。無死満塁から大阪桐蔭としては圧巻、浦和学院としてはまさかの三者連続三振になった。

【次のページ】 スター誕生の瞬間 大阪桐蔭vs浦和学院 第84回センバツ(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する


JKで勝つ!ここでしか読めないタジケンコラム

プロフィール

田尻賢誉
田尻 賢誉
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム