第223回 【秋季沖縄県大会】美里工vs八重山商工など激戦ブロックも!夏甲子園ベスト8入りの興南を阻むのは?2015年09月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]【Aブロック】那覇vs豊見城の初戦対決に注目!
[2]【Bブロック】宜野座、浦添、那覇商、真和志ひしめく!/【Cブロック】夏の甲子園ベスト8入りの興南を阻むのは?
[3]【Dブロック】超激戦ブロック!美里工vs八重山商工など好カード続々

 9月12日に開幕する、第65回沖縄県高校野球秋季大会の抽選会が1日に行われ、参加全61校の組み合わせが決まった。
シード校の優位が毎年のように囁かれるが、昨年の第一シードであった沖縄尚学宮古総合実に敗れたように、野球だけは蓋をあけて見なければ分からないスポーツでもある。
そういう予測不可があること=切磋琢磨してきて練習に励み、レベルを向上してきた各校の力の差が縮まりつつあることを踏まえながら、第65回沖縄県高校野球秋季大会の展望を一緒に見ていこう。

【Aブロック】那覇vs豊見城の初戦対決に注目!

抽選会の模様

 高校野球オールドファンなら絶対に駆けつけたいカードが実現した。
昨年の新人中央大会(以下新人)4位の那覇と、今年春季県大会(以下春季)4位の豊見城だ。
豊見城は前チームから経験豊富な翁長 宏和宮 海翔の投手陣や、中軸を担った平田 怜之輔らが中心となる。一方の那覇は三年生が主軸だったのもあり世代交代がどれだけ進んでいるのかにもよる。
夏の選手権沖縄大会(以下選手権)の南風原戦で僅か1イニングの登板ながら、打者3人から2つの三振を奪った川畑 勇斗池村 祐人の経験者二人がナインを引っ張りたい。

 その勝者を待ち受けるのが第一シードの八重山だ。
中央大会4試合の打率は若干3割に届かなかったものの、平均得点力は6.2と非常に高い数値を残した。新里 光平黒島 投真に続くエース候補として名を挙げたのが仲山 琉斗小禄戦の5回と西原戦の7回、そして宜野座戦の9回を投げ抜いての自責点ゼロに、仲里監督も嬉しい悲鳴を上げた。
打線も切込み隊長の川満 拓也から、力強い中軸に勝負強い下位へと繋がっていく。

 球陽中部商の戦いも興味深い。中部商前田 敬太をはじめ殆どのメンバーが三年生だったが、新チームが発足した後の新人中部南予選を勝ち抜いて中央大会への出場を果たすなど、トップの上里 航平や中軸の森田 滉央や後輩たちがチーム力を上手く引き継いでいると言えよう。
対する球陽は、昨年の一年生中央大会への出場を果たしたメンバーが健在。エースで4番の我如古 莉也や、1番を務めた遠矢 彪我らが実力を発揮すれば、昨年王者を飲み込む大物食いは十分可能だ。

 北中城vsコザの中部地区対決も楽しみだが中部商同様、両校ともに三年生が主力だったこともあり新チームの力は未知数。これは知念にも言えることであり、新チームにとっての最初の試練と言うべきものでもあろうか。

 一方で楽しみな選手が多いのが宜野湾那覇西だ。宜野湾は、選手権での美里工戦で複数安打をマークした安里 昇之助崎村 駿金城 龍樹ら打線の繋がれば面白い。那覇西は選手権での1、2回戦に登板し、14イニング連続無失点を記録したエースの赤嶺 由生郎の右腕に懸かってくる。

関連記事
・第42回沖縄県高等学校野球新人中央大会の組合せをチェック!
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!沖縄県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

このページのトップへ

【次のページ】 【Bブロック】宜野座、浦添、那覇商、真和志ひしめく!/【Cブロック】夏の甲子園ベスト8入りの興南を阻むのは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【浦添商・中部商編】【球児の青春コトダマ】
第436回 KBC学園未来高等学校沖縄(沖縄)「自利利他」の信念のもとに【野球部訪問】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
都立日野vsコザvs都立富士森【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs美里工【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs沖縄尚学【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
神村学園vs美里工【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
神村学園vs美来工科【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
石川 【高校別データ】
糸満 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
北中城 【高校別データ】
球陽 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
豊見城南 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇西 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
西原 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古商 【高校別データ】
宮古総合実 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
本部 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム