第198回 【第97回南北海道大会展望】東海大四を中心に、虎視眈々と優勝を狙う各校!2015年07月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]Aゾーン
[2]Bゾーン

  センバツ準優勝東海大四、春の北海道王者・北海、好投手・伊藤 大海を擁する駒大苫小牧が横一線だ。3枚の左腕がいる北照、投打においてレベルの高い札幌日大、エース・岡本 凜典が復活した札幌大谷にもチャンスは十分にある。

Aゾーン

東海大四ナイン

 3季連続甲子園出場を目指す東海大四が、絶好のクジを引き当てた。唯一、2回戦からの登場となる上、ゆとりのある日程となったことが、投打に大きなプラスとなる。

 センバツ準Vの立役者、エース・大澤 志意也(3年)は大舞台を経験して、心身ともに大きく成長した。札幌支部予選では3試合すべてに先発。初戦の北広島西戦では、ストレートにとことんこだわり4イニングを、続く札幌稲雲戦はコントロール重視の投球で3イニングを、代表決定戦の札幌平岡戦では完投を意識したマウンドさばきで8イニングをいずれも無失点と、完ぺきに近い投球を披露した。ただでさえ攻略の難しい右腕が、余裕をもって登板できるとなると、打ち崩すのはかなりの難題となるだろう。

 さらに打線にも日程が味方する。支部予選直前の練習で左手首を骨折していた邵 広基(3年)に復帰の光がみえてきた。センバツでは4番を任されていた主砲にとって、時間が何よりの薬となる。万全とはいかないまでも、邵が打線に加わることで厚みが増すことは間違いない。

 その東海大四を春の北海道大会で下した北照は、初戦で強豪・札幌日大と激突する。川端 翔(3年)、管野 渉(3年)、川村 奨一朗(2年)の左腕トリオを中心とした守りから、攻撃のリズムを作っていく野球には、一段と磨きがかかってきた。小樽支部予選の代表決定戦では、小樽水産に対して7回まで2点のリードを許していたが、8回に同点に追いつくと9回、小泉 理久(3年)の二塁打などであっさり2点を勝ち越した。

 この試合に先発した川端は、3失点しながらも浮足立つことはなく、最終的には15三振を奪い完投。春の全道大会では結果を残せなかった管野も、初戦で8回12奪三振と、きっちり仕上げてきた。

 一方の札幌日大は、春先から派手さはないが地力の違いをみせて、確実に南北海道大会にコマを進めた。ただ森本卓朗監督には、不気味な自信が漂っている。「すべて南北海道大会に合わせてきた。ここから調子は上がっていくしかない」とサラリ。この落ち着きの裏には、安定した左右2枚の投手陣がいる。
右肘の不安から、春は1度もマウンドに上がることのなかったプロ注目の山本 龍之介(3年)は、札幌支部予選初戦の札幌静修戦に先発し、7回無失点。続く北広島戦では9回1イニングをピシャリと抑え、完全復調をアピールした。左腕・吉田 徹郎(3年)も代表決定戦の札幌白石戦で3安打完封と万全だ。
少し不安だった内野陣は、三遊間を入れ替え、西野 維吹(3年)を遊撃に、吉田 真広(3年)を三塁に置いたことで落ち着いた。打線の状態も上向き傾向で、2002年春以来の甲子園を虎視眈々と狙っている。

 開幕戦で東海大四への挑戦権をかけて函館大有斗と戦う初出場の札幌山の手は、惣田進吾監督が今大会で勇退することを表明。ナインの奮起が期待される。知内は、これまで本別留萌などの無名校を全道大会に導いてきたベテラン・本間茂裕新監督の手腕に注目が集まる。

北海道の高校のコラムを一挙紹介!
(駒澤大学附属苫小牧、クラーク記念国際、東海大学付属第四)
北海道のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】旭川龍谷高等学校(2015年05月30日公開)
【僕らの熱い夏】北海道北見北斗高等学校(2015年06月05日公開)
【僕らの熱い夏】北海道帯広三条高等学校(2015年06月22日公開)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」
・2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 Bゾーン

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第9回 駒大苫小牧高校(北海道・北海道地区代表)「取られたら取り返せ 強打で頂点を狙う!」【第48回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第586回 阪口 皓亮(北海)「実力を試す舞台はプロの世界と決めている」 【2017年インタビュー】
駒大苫小牧vs旭川実【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
旭川実vs北海道栄【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs札幌日大【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs立命館慶祥【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第6回 大西健斗(北海)が打ち明けた主将としての苦悩。甲子園で「無」でいられた理由【キャプテン論】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第98回 甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球【ドラフト特集】
第287回 札幌日本大学高等学校 山本 龍之介投手「3年計画最終年 才能開花の時」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第132回 東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大選手 【2013年インタビュー】
伊藤 大海(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
大澤 志意也(東海大四) 【選手名鑑】
大西 健斗(津商) 【選手名鑑】
大西 健斗(北海) 【選手名鑑】
岡本 凜典(札幌大谷) 【選手名鑑】
柿沼 和樹(北海) 【選手名鑑】
川端 翔(北照) 【選手名鑑】
川村 奨一朗(北照) 【選手名鑑】
佐藤 佑樹(北海) 【選手名鑑】
管野 渉(北照) 【選手名鑑】
邵 広基(東海大四) 【選手名鑑】
丹野 涼介(北海) 【選手名鑑】
西野 維吹(札幌日大) 【選手名鑑】
山本 樹(北海) 【選手名鑑】
山本 龍之介(札幌日大) 【選手名鑑】
山本 樹(日南学園) 【選手名鑑】
吉田 徹郎(札幌日大) 【選手名鑑】
吉田 真広(札幌日大) 【選手名鑑】
渡辺 幹理(北海) 【選手名鑑】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
小樽水産 【高校別データ】
小樽潮陵 【高校別データ】
北広島 【高校別データ】
北広島西 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
札幌光星 【高校別データ】
札幌白石 【高校別データ】
札幌静修 【高校別データ】
札幌稲雲 【高校別データ】
札幌日大 【高校別データ】
札幌平岡 【高校別データ】
札幌南 【高校別データ】
札幌山の手 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
函館大有斗 【高校別データ】
函館ラ・サール 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北照 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道栄 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
鵡川 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

京田 剛
京田 剛
  • ■生年月日 1967年5月16日
  • ■出身地 大阪府
  • ■経歴 奈良県立郡山高校―龍谷大学
  • ■小2から野球を始め、高校時代は捕手。大学では4年間マネジャーで、4年の時は関西六大学野球連盟学生委員長。
  • ■大学卒業後は報知新聞大阪本社でプロ野球、アマ野球を中心に取材。2004年からは大阪学院大学で2年間、硬式野球部の監督を務める。その後は北海道の道新スポーツで約5年、野球を取材。
  • ■2015年にはり師、きゅう師免許を取得し、現在は「スポーツ鍼灸 はり悟空」を経営。鍼灸師としてスポーツ選手を中心に治療に従事する傍ら、スポーツライターとして執筆活動もしている。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム