第47回 第84回選抜の選考を振り返る【21世紀枠 編】2012年01月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

21世紀枠 出場枠3・候補校9

洲本

12年目を迎えた21世紀枠は、全国の候補校9校から3校を選出した。
例年の過程では、選考理由説明会の後に、特別選考委員全員が順位づけをする作業がある。

東日本(北海道~東海・北信越)からは石巻工(宮城県)。まず5校から3校に絞り審議。その中で、東日本大震災の被災という極めて困難な状況を克服し、着実に実力をつけ、被災者を励まし続けている点が高い評価を受けて委員の全員一致で選らばれた。

西日本(近畿~九州)からは洲本(兵庫県)。
まず上位2校を対象に審議。両校とも甲乙つけがたいとの声があがったが、阪神・淡路大震災当時に生まれた生徒が主力となり、県内の強豪校と互角に戦い続けている点が高く評価され、選出となった。

地域を限定しない3校目は大激論となり、残った7校から話の流れの中で4校に絞られ、審議が繰り広げられた。21世紀枠選出の意義にまで踏み込んだ議論が続いた結果、小規模校で寒冷地の中で頑張っている女満別が最終的に全員一致で推された。選考理由説明会で発表された事に加えて、選手が入学してから引退まで毎朝、前日の夜に書いた反省カードとその日の目標カードを監督に提出する『800日カード』が明らかにされ、選手は1枚1枚の積み重ねを実感しながら自信に繋げていると高い評価を受けた。

また、21世紀枠では選出されなかったが、高崎(群馬県)と宮崎西(宮崎県)が一般枠で選出された。
最後に惜しくも甲子園出場は決まらなかったが、小松広島観音大垣西金沢西の4校、それに各都道府県で推薦を受けた38校にも21世紀枠の候補校をなったことを誇りにして、夏を目指してほしい。

(文=高校野球ドットコム 編集部 )

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第50回 秋季東海ベスト8の大垣西(岐阜)を支えるマネージャーたち。グラウンド整備も仕事のうち!【頑張る!マネージャー】
松山聖陵vs小松【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs八幡浜【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs丹原【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
小松島vs徳島科学技術【徳島県 2017年夏の大会 第99回選手権徳島大会】
八幡浜vs小松【2016年 練習試合(交流試合)・秋】
第368回 今年は星稜や遊学館だけではない。公立にも人材が集結!【石川抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第353回 東北、東陵、仙台育英が今年の中心!3強に続く実力校の存在は?【宮城抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第351回 【広島抽選会後 展望】崇徳、広島商の復活により今年は大混戦!広島を熱くさせることができるか?【大会展望・総括コラム】
第56回 石川県立小松高等学校(石川)【僕らの熱い夏2016】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
石巻工 【高校別データ】
大垣西 【高校別データ】
金沢西 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松工 【高校別データ】
小松商 【高校別データ】
都立小松川 【高校別データ】
洲本 【高校別データ】
広島観音 【高校別データ】
女満別 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム