第45回 第84回選抜の選考を振り返る【関東・東京・ 東海・北信越 編】2012年01月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

関東・東京地区 枠6(関東5、東京1)・候補校19

明石飛真主将(浦和学院)

5校目の可能性があるため、まず補欠2校まで含めた7校まで選出する作業を行った。

■ 浦和学院(埼玉県)
関東大会連覇の同校をまず選出。1年生の山口 瑠偉渡邊 剛と素材型の大型投手が関東の強力打線を抑えた。攻撃では上位から下位まで切れ目が少なく、関東大会の1試合平均得点が7.5。特にクリーンアップの勝負強さが光り、投攻守のバランスの取れた好チームと評価された。

■ 作新学院(栃木県)
投手は昨夏甲子園ベスト4まで導いた大谷 樹弘が柱。力強い投球で、スライダー、シンカー、フォークも冴え、特に横浜を2点に抑えた準々決勝は見事だった。攻撃でも昨夏の経験者4名が残り、チーム打率3割1分4厘。さらにバントを多用せず、機動力を使った戦法が光り、守備力も大会を通じて安定していた。

■ 健大高崎(群馬県)
左腕の三木 敬太1回戦文星芸大附準々決勝千葉英和と連続完封。縦に落ちるカーブとスライダーにキレがあり、巧みな投球術が光った。攻撃では打力、機動力ともに高く、特に相手の一瞬のスキを突く走塁は攻撃の流れを引き寄せるものだった。守備も関東3試合で失策0と安定していたと高評価だった。

■ 高崎(群馬県)
エース島田 智史は170センチと小柄ながらも直球にノビがあり、カーブとシュートをテンポ良く投げ、1回戦(東海大望洋)と準々決勝(東海大甲府)をそれぞれ2点に抑えた好投が光った。攻撃ではファーストストライクから積極的に振っていき、闘志あふれるスタイルが徹底されており、2試合続けて逆転勝ちした最後まで諦めない攻撃は見事だった。また、高校生らしいキビキビとした全員野球ができでいたと高い評価を受けた。

■ 横浜(神奈川県)
初戦下妻二戦では今大会上位にランクされる左腕・諏訪 洸投手を攻略しコールド勝ち。準々決勝では作新学院に敗れたが、エースの柳 裕也が2回に自打球で負傷し降板するアクシデントがあった。その柳は130キロ台後半の直球と大きく落ちるカーブを武器に制球力があり安定した投球を見せた。

補欠1位 東海大甲府
シードされ初戦となった準々決勝高崎に敗れたが、エース神原 友は180センチの本格派投手で直球に力があり、5回まで0点に抑える好投を見せた。投攻守にレベルの高いチームだったが、後半に逆転されたことが惜しかった。

補欠2位 東海大相模
1回戦で優勝した浦和学院に惜敗したが、攻守にバランスの取れた好チームとして、補欠2位として選考された。

試合シーン(関東一)

■ 関東一(東京都)
投手は1年生の中村 祐太醍醐 駿平の2枚看板。特に右の中村は180センチの恵まれた体格から、130キロ台後半の直球と高速スライダーを操り、決勝帝京戦1安打完封は見事だった。攻撃ではチーム打率3割2分2厘。上位から下位まで切れ目が少なく、繋ぐ打線が良くできていたと評価された。

補欠1位 帝京
エースの石倉 嵩也は左オーバーハンドから低めに集め、ストレート、スライダーにキレもあり、防御率0.95と好投が光った。攻撃では準決勝までは好調だったが、決勝で1安打完封と今一歩及ばなかったのが残念とされた。守備力は安定。

※最終1枠について
横浜帝京で投手力、守備力、攻撃力を詳しく比較検討。投手では横浜の柳、帝京の石倉ともに大崩れしない安定した力で互角とされた。守備力も互角と評価。ただ攻撃では、両チームとも素質の高い選手で構成されているが、横浜の安定した攻撃力に対し、帝京はやや波があり、特に関東一に1安打完封負けを喫したことが決め手となって横浜がわずかな選出となった。

【次のページ】 東海

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高松商vs健大高崎【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs尽誠学園【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs大手前高松【2017年 練習試合(交流試合)・秋】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第124回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第120回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【前編】【僕らの熱い夏2017】
日大三vs帝京【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
帝京vs明大中野【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第592回 東 克樹(愛工大名電ー立命館大)「子供たちに勇気を与えられる投手に」 【2017年インタビュー】
第582回 石橋康太(関東一)「世代を代表する強肩強打の捕手へ まずは足元を大事に」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
愛工大名電 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
市立岐阜商 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
高崎 【高校別データ】
高崎経大附 【高校別データ】
高崎工 【高校別データ】
高崎商大附 【高校別データ】
高崎商 【高校別データ】
地球環境 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム