第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」2018年07月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」
[2] 「奪進塁」か、「疾風連撃」か、それとも伏兵か
[3] 22年ぶりの「夏復活」目指す高松商にたちはだかる猛者たち
[4] 最速140キロ越え、好右腕たちの競演
[5] 英明が頭2つ抜けるが、波乱の要素も

22年ぶりの「夏復活」目指す高松商にたちはだかる猛者たち



東山 玲士(丸亀)

(第4シード:高松商ブロック)

 2016年、センバツ準優勝直後に入学したゴールデンエイジが最終学年を迎えた高松商が22年ぶりの夏甲子園を目指す展開。が、このブロックには伝統校・強豪校・新鋭校といった猛者たちもひしめいている。

 

 高松商は高校通算23本塁打を放っている藤川 眞嘉(3年・捕手・174センチ74キロ・右投右打・高松市立山田中&ALL高松<ソフトボール>出身)を3番におき、佐々木 大成(3年・一塁手・165センチ70キロ・右投左打・高松市立山田中出身)が4番に入る新打線が機能。米麦 波留(3年主将・169センチ69キロ・右投左打・香川県立高松北中出身)。篠宮 周平(3年・174センチ71キロ・右投右打・高松ボーイズ出身)が組む1・2番二遊間を還す体制は整った。

 

 投手陣は上領 慎太郎(3年・179センチ80キロ・高松市立古高松中出身)、中塚 公晴(2年・174センチ62キロ・高松市立桜町中出身)、香川 卓摩(2年・165センチ62キロ・左投左打・東かがわリトルシニア出身)ら複数投手での継投が濃厚。春季大会後、腰痛分離症から復帰後、急ピッチで調子を上げている最速139キロ左腕・香川の起用法がかぎとなりそうだ。

 

 高松商を追うのは開幕戦で大会直前にこれまで部長だった姫路 健太郎氏が監督に就任。伊井 大稀(3年・遊撃手・173センチ73キロ・右投左打・まんのう町立満濃中出身)、春を終えて一塁手から捕手に転向した永尾 斗摩(2年・185センチ87キロ・右投右打・大阪八尾ボーイズ<大阪>出身)、犬飼 慶樹(3年主将・右翼手・右投左打・176センチ77キロ・愛知西リトルシニア<愛知>出身)のクリーンナップを武器に2年ぶりの甲子園を狙った尽誠学園を破った藤井がまずあげられる。

 

 最速142キロ右サイド・山上 達貴(3年・170センチ67キロ・右投左打・丸亀市立南中出身)は絶対的なエース。さらに山上や一塁駆け抜けも常時4秒を切る砂川 太雅(2年・右翼手・右投左打・168センチ61キロ・多度津町立多度津中出身)含めスタメン9人中4人がベースランニング14秒5を切る脚力も自慢だ。例年、まとまりのよいチームを作る香川高専高松との2回戦を制することができれば、上位進出へ一気に視界が開けてくる。

 

 他にも第1回全国中等学校野球選手権大会出場「レジェンド10」の高松。元・東海理化、就任2年目の大西 玲治監督が徐々に打力を中心としたイズムを浸透させつつある小豆島中央。走攻守のレベルが高い池田 将馬(3年・中堅手・174センチ71キロ・左投左打・琴平町立琴平中出身)がいる琴平や、1回戦で石田を延長11回逆転サヨナラで下し勢いに乗る高松東も上位進出候補生。

 

 さらに高松商が初戦で当たる香川中央も主将の熊野 信太(3年・遊撃手・169センチ65キロ・右投左打・高松市立龍雲中出身)をはじめ、盗塁を奪える選手が数多くおり、決して侮れる相手ではない。

【次のページ】  最速140キロ越え、好右腕たちの競演

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
高松北vs三木【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
藤井学園寒川vs飯山【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
丸亀vs志度【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
観音寺総合vs高松西【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
高松東vs石田【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
第159回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.3 「村松開人、内野裕太、水野達稀」【ドラフト特集】
第85回 松山商と今治西が歴史を作り新興の済美が躍進し松山聖陵が追随【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第703回 夏のセンターポジションへ!「ガチの」大阪桐蔭に香川の4校が挑む!【大会展望・総括コラム】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第50回 東京ヤクルトスワローズ 田中 浩康選手 【2010年インタビュー】
英明 【高校別データ】
大手前高松 【高校別データ】
琴平 【高校別データ】
坂出 【高校別データ】
坂出工 【高校別データ】
坂出商 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
高松一 【高校別データ】
高松東 【高校別データ】
多度津 【高校別データ】
津田 【高校別データ】
丸亀 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム