第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!2018年06月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]日大高vs大師は1回戦屈指の好カード 勝者は慶応義塾と対戦!
[2]東海大相模、桐光学園は盤石な戦いを見せたい
[3]市立橘、横浜商大高、白山のブロックは実力が拮抗 どこが勝ち進んでもおかしくない

市立橘、横浜商大高、白山のブロックは実力が拮抗 どこが勝ち進んでもおかしくない



吉田賢吾(横浜商大高)

 シード入りのは、長打力のある羽二生 和樹、エース・斎藤 由宣と投打の柱がしっかりといること。全体のレベルアップを果たし、春に続き躍進を果たしたい。そのほかでは川崎北綾瀬など公立の実力校が多く、どこがブロックを抜け出し、準々決勝へ駒を進めてもおかしくないだろう。

 横浜商大高は走攻守三拍子そろった外野手・斎藤巧、4番・吉田賢吾など好野手が多く、一気に畳みかける打撃は脅威だ。夏まで課題である投手力を強化し、上位進出を狙いたい。

 このブロックは実力校が揃う。スラッガー・カレオン・ジョニル・マラリがチームを引っ張る武相、投手力が高い光明相模原、選手宣誓を務める上溝南は、前チームの時から経験を積んでいるエース・重原 祐太は130キロ台の速球を投げ込む右の好投手だ。

 近年、実力をつけている白山は、厚木西伊勢原の勝者と対戦。このブロックも麻溝台橘学苑と実力校が揃う。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第706回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第666回 野村、山下...スター野手が期待通りの活躍を見せた今年の関東大会!【大会展望・総括コラム】
第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!【大会展望・総括コラム】
第704回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
東海大相模vs花咲徳栄【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第697回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
桐光学園vs東海大相模【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs横浜商大高【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs湘南学院【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
麻溝台 【高校別データ】
厚木西 【高校別データ】
厚木東 【高校別データ】
綾瀬 【高校別データ】
伊勢原 【高校別データ】
海老名 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
上鶴間 【高校別データ】
上溝南 【高校別データ】
川崎北 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
橘 【高校別データ】
大師 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
法政二 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム