第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち2018年05月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今大会の中心となっていくだろう静岡と東邦
[2]出場校の魅力と実力

今大会の中心となっていくであろう静岡と東邦



近年県内では圧倒的な安定感を示している静岡
 

 春季東海地区大会が東海4県の県大会の上位2校の出場で争われる。今春のセンバツに東海地区から選出された3校のうち、静岡東邦の2校が出場しているが、この両校を中心とした展開となっていくであろう、今大会を占ってみた。

 

 やはり、大会はセンバツ出場の2校を中心として展開されていくこととなるであろう。
 近年県内では圧倒的な安定感を示している静岡だが、この春もやはり盤石の安定感を示した。準々決勝では好投手のいる知徳に競り勝ち、準決勝でも勢いのあった市立沼津を下し、決勝では近年では最も競り合っている相手とも言える東海大静岡翔洋に大勝した。センバツでも投げた春 翔一朗君をはじめ、鈴木 翔也君の投手陣は安心して見ていられる。打線も、好リードオフマンの村松 開人君を筆頭として、上位と下位はソツがない。昨秋に続いての東海地区大会連続優勝を狙う。今大会も自信の連続出場で、優勝候補の筆頭と言っていいであろう。

 

 対抗する相手となるのは、愛知県大会では2位となったものの、やはり層の厚い東邦だろう。センバツでは強力打線の爆発が期待されながらも、不発に終わり花巻東に初戦敗退してしまった。ちょっとパワーヒッティングに頼ってしまったという反省もあって、さらに確実性をあげて行くようにチームの底上げを図っている。森田泰弘監督は、春季県大会では「もっと選手層を厚くしていかないと、今のままでは連戦となる夏を考えていくと、不安だらけ」と言っていたが、県大会では様々な選手を試して使っていきながら底上げを目指していく姿勢も見せた。ことに、夏の連戦に耐えるための投手陣は、センバツ後にエースとして台頭してきた西有喜君と、やや調子を落としていた扇谷 莉君がどれだけ復調出来るかというところだ。さらには、そこに続く投手として左腕の植田 結喜君などにも期待している。今大会でも、どのような投手を起用してくるのかが注目される。また、まだ2年生ではあるが中軸の石川 昂弥君の打撃にも注目が集まる。

 

 この両校を追いかけるのは中京大中京だ。昨秋に続いての県大会優勝だが、シュアな打撃で定評のある藤田 龍明君を中心とした攻撃力が看板だ。投手陣はいずれも2年生で安定感のある左腕・不後祐将君、後藤 里玖斗君、秋は1番をつけていた193㎝97kgという大型投手の赤塚 健利君らが競い合う。リードする藤田 健斗捕手も注目されている。「くらいつけ~一球に魂をこめて」というのがチームのモットーとして掲げているが、その精神をぶつけていきたい。
 岐阜県の2位校としては帝京可児が11年ぶりに出場する。どんな戦いを見せてくれるのか興味深い。かつて豊川で監督を務めて愛知大会で2年連続決勝進出を果たした実績のある田口聖記監督が就任して4年目。図抜けた選手はいないものの、総合力としては最もあると手ごたえを感じている。

【次のページ】 出場校の魅力と実力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第473回 菰野(三重)「芯の強いチーム」として10年ぶり夏甲子園へ【野球部訪問】
第508回 無駄を省く指導で「日本一の文武両道」を目指す 四日市(三重)【野球部訪問】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
中京大中京vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
東海大静岡翔洋vs誉【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第426回 県立静岡高等学校  鈴木将平選手 「18選手の中で最も名を上げるかもしれない逸材」  【2016年インタビュー】
いなべ総合 【高校別データ】
小山 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
東海大静岡翔洋 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
誉 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム