第657回 木更津総合の優勝で幕が閉じた2018年春季千葉県大会!各校の戦いを総括!2018年05月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強力打線で勝ち上がった木更津総合、県内屈指の投手陣で勝ち上がった習志野
[2]多くの投手が台頭した専大松戸と強力な2本柱で勝ち上がった千葉黎明
[3]流通経済大柏、志学館などベスト8以下の好チームたち

多くの投手が台頭した専大松戸と強力な2本柱で勝ち上がった千葉黎明



関東大会への順位決定戦で6回無安打・12奪三振を記録した杉田智也(専大松戸)

 3位になった専大松戸は3番・昆野 海翔が7打点、4番・今里 凌が8打点、5番・石川祐が5打点とクリーンナップがしっかりと機能した。この3人だけではなく、今年の専大松戸は各打者の打力が高く、どこからでも点が取れる強みがある。

 そして持丸監督が課題としていた「投手力」。県大会を見る限り、その課題は克服しつつある。地区予選まで右アンダーだった横山 陸人が県大会では右サイドとなり、球速が20キロほどアップ。伸びのある130キロ中盤の速球を武器に、関東大会出場がかかった準々決勝で完投勝利を挙げ、大きく成長を見せた。また、順位決定戦で6回無安打の投球を見せた杉田智也、中央学院戦で完投勝利を挙げた武田龍信など3人が完投勝利と、投手陣の顔ぶれは充実。夏までに、139キロ右腕・古川 信之介の復活、新1年生の台頭があると、競争は激化し、投手陣のレベルは一段と上がることだろう。

 4位の千葉黎明は、1点差勝利が2試合と、しぶとく勝ち進んで関東大会出場を決めた。今年はエース・渡部 翔太郎、2番手・林 直樹が力投を見せた。渡部は球速が135キロ前後ながら、120キロ台のスライダー、フォークをコンビネーションに投球を組み立て、しっかりと試合を作った。林は準決勝の木更津総合戦で先発。最速143キロのストレートとキレ味鋭い変化球で8回途中まで投げて10奪三振の好投を見せた。夏勝ち上がるうえで、この2人の投球がカギとなるだろう。

 大会終盤で守備の乱れから失点することが多く、夏ではしっかりと克服したい課題である。

【次のページ】 流通経済大柏、志学館などベスト8以下の好チームたち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
木更津総合vs国士舘【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
第488回 八千代松陰 「松蔭ブルー」に染めるべく、課題を克服して夏に向かう!【後編】【野球部訪問】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第528回 専修大学 高橋 礼選手「アンダーハンドでも140キロ超えができたワケ」【後編】 【2017年インタビュー】
第524回 専修大学 髙橋 礼選手「アンダーハンドの利点」【前編】 【2017年インタビュー】
第438回 木更津総合高等学校  佐々木駿選手 「チャンスを掴める選手は毎日努力してきた選手」 【2016年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
志学館 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
成田 【高校別データ】
流通経済大柏 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム