第657回 木更津総合の優勝で幕が閉じた2018年春季千葉県大会!各校の戦いを総括!2018年05月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強力打線で勝ち上がった木更津総合、県内屈指の投手陣で勝ち上がった習志野
[2]多くの投手が台頭した専大松戸と強力な2本柱で勝ち上がった千葉黎明
[3]流通経済大柏、志学館などベスト8以下の好チームたち

【配信したレポート一覧(準々決勝以降)】
準々決勝:習志野vs八千代松陰
準々決勝:専大松戸vs流通経大柏
準々決勝:木更津総合vs志学館
準々決勝:千葉黎明vs拓大紅陵
準決勝:木更津総合vs千葉黎明
準決勝:習志野vs専大松戸
3位決定戦:専大松戸vs千葉黎明
決勝:木更津総合vs習志野

強力打線で勝ち上がった木更津総合、県内屈指の投手陣で勝ち上がった習志野



優勝を決めガッツポーズの白井竜馬(木更津総合)

 今年の千葉は木更津総合の優勝で幕を閉じた。関東大会前へ向けて、春の大会を総括していきたい。

 県大会優勝を収めた木更津総合は、初戦で成田と接戦を演じ、シード権獲得を決めると、幕張総合志学館には2試合連続でコールド勝ち。準決勝では千葉黎明との接戦をものにし、決勝ではすべて先制点を挙げていた習志野を相手に序盤から試合を優位に進め、6対2で習志野を破り、10年ぶりの優勝を決めた。勝ち進むごとに内容が良くなるところはさすが王者であった。

 今年の木更津総合投手陣は、秋にベンチ入りしていた峯村、根本 太一の両速球派右腕がベンチ外。非常に苦しいやりくりの中、エース・白井 竜馬が右サイドに転向し、主砲の野尻 幸輝が投手を兼任する形となり、県大会ではこの2人がほぼ投げ抜く形となった。白井は初戦の成田戦で先発した後、決勝までリリーフ登板を重ね、安定したピッチングを見せた。決勝戦ではテクニックにたけた習志野打線を相手に2失点完投勝利を見せ、大きな成長を見せた。野尻は俗にいう「野手投げ」ながら、最速140キロのストレート、スライダーのコンビネーションで打たせて取る投球に徹した。大会では3試合に先発し、登板を重ねるごとに安定感が増した。夏前に起用できる投手が多くなったのは収穫といえる。

 野手では4番・山中 稜真が11打点を記録。成田戦で2本塁打をはじめ、ここぞという場面での勝負強さが光った。さらに1年春から試合に出場しつづける野尻も準決勝の千葉黎明戦で決勝本塁打を放つなど計8打点を記録し、頼もしさが出てきた。他では長打・俊足・強肩を兼ね備えた3番・東 智弥も昨年より著しく成長を見せてくれた。打線も、投手陣も成長を見せ、大きな成果が残った大会といえるだろう。

 準優勝の習志野は、エース・古谷 拓郎、技巧派右腕・佐藤将聖、2年生右腕・飯塚 脩人の3投手の実力は県内トップクラス。古谷はストレートが140キロを超え、スライダー、カーブを自在に投げ分け安定感抜群のピッチングを見せた。そして今大会は飯塚が成長を見せ、最速142キロのストレートの威力は古谷以上。粗削りながら、楽しみな速球派だ。

 打線は曲者の1番・根本翔吾、2番・鈴木空吾の曲者コンビと大会9打点を記録した柏木貞治がうまく機能した。また下位打線にもパンチ力ある打者が揃い、下位からでも点をとれるのが習志野の怖さ。課題を上げるとすれば、4番打者の役割の確立。試合を決める一発を打てる4番打者なのか、つなぎ役に徹する4番打者なのか。この春を見る限り、それを見出すことができていなかった。4番打者も機能するようになると、さらに怖い打線になるはずだ。

【次のページ】 多くの投手が台頭した専大松戸と強力な2本柱で勝ち上がった千葉黎明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
成田vs多古【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
成田西陵vs旭農業【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
第12回 応援される部として選手たちを盛り上げられるように! 中央学院(千葉)吹奏楽部【高校野球×ブラバン特集】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第528回 専修大学 高橋 礼選手「アンダーハンドでも140キロ超えができたワケ」【後編】 【2017年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
志学館 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
成田 【高校別データ】
流通経済大柏 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム