第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!2017年11月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 16日に開幕した、ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017。日本・韓国・台湾の期待の若手選手たちが集い、アジアの頂点を決めるこの大会。開幕試合では日本が延長タイブレークの末に韓国にサヨナラ勝ちし、稲葉篤紀新監督の下で初勝利を挙げた。この試合では、延長10回に上林 誠知仙台育英-福岡ソフトバンク)の同点本塁打や、田村 龍弘光星学院 現:八戸学院光星-千葉ロッテ)のサヨナラ安打などに自然が行きがちだが、勝利投手になったのはプロ1年目の堀 瑞輝広島新庄-北海道日本ハム)だった。

甲子園で評価を上げ、見事代表入り

堀瑞輝(第11回 BFA U-18アジア選手権より)

 今回の登板で、堀の高校時代を思い出した方も多いのではないのだろうか。

 昨夏に行われた甲子園大会は、好投手の集まりであった。高校BIG3と言われていた、寺島 成輝履正社-ヤクルト)藤平 尚真横浜-東北楽天)高橋 昂也花咲徳栄-広島)や作新学院を54年ぶり2度目の優勝に導いた・今井 達也作新学院-埼玉西武)などが甲子園の舞台で躍動した。堀もそのうちの一人で、彼らほどの知名度は高くなかったものの140キロを超えるストレートと切れ味抜群のスライダーで注目を浴びていた。

 甲子園では3試合に登板。1回戦関東一2回戦富山第一ではともに1失点完投勝利。3回戦木更津総合との試合では、早川 隆久木更津総合-早稲田大)との好左腕対決が実現。堀は2失点好投を見せるも、広島新庄は早川から得点を奪えず、3回戦で姿を消すこととなった。

 甲子園大会後に行われた、第11回 BFA U-18アジア選手権の日本代表に堀は選出された。チームメイトには、先ほどにも名前が出た、寺島・藤平・高橋・今井・早川などの超高校級投手たちがいた。
 しかし、大会では彼ら以上の実力と、インパクトを残すこととなった。

このページのトップへ

【次のページ】 U-18ではリリーフエースとしてアジア制覇

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第510回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第708回 3度目の正直で優勝旗を掴んだ広島新庄!春季中国大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
広島新庄vs早鞆【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
第631回 好素材がズラリ!広島大会地区別予選リーグ展望!【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs広島工大高【広島県 2017年秋の大会 広島県1年生大会】
アメリカvs韓国【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
広島新庄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム