第606回 初出場初優勝を狙う創成館か?大エース擁する明徳義塾か?神宮大会決勝の見所を紹介!2017年11月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第48回 明治神宮野球大会は順調に進み、14日に決勝戦を迎える。決勝戦のカードは創成館vs明徳義塾との対戦となった。決勝戦の見どころを紹介したい。


左から市川悠太(明徳義塾)、川原陸(創成館)の両エースの投げ合いに注目!

 初の決勝進出を決めた創成館。勝ち上がりを見るとどこも強力打線ばかりを抑えているのが分かる。初戦は中国大会決勝で最大9点差を逆転勝利したおかやま山陽、さらに準々決勝では強打の聖光学院に競り勝ち、そして準決勝では強打の大阪桐蔭打線を4失点にとどめ、決勝進出を決めた。投手陣の力量は非常に高く、最速141キロ左腕・川原 陸、右サイドから140キロ台の速球を投じる伊藤 大和、130キロ後半の速球を投げ込む七俵 陸と投手陣のレベルは非常に高く、リリーフ専門の伊藤までにどうつなぐかがカギとなりそうだ。

 打線はノーステップ打法を使いながら、対応力の高さを発揮。速球投手が多く揃う大阪桐蔭投手陣を攻略しており、投打ともに総合力が高いチームとなっている。打線は3番峯 圭汰、4番杉原 健介を中心に好打者がズラリと揃っており、どこからでも点を奪える強みがある。

決勝に進出した創成館の峯主将は「今日は守備が乱れてしまい、自分たちの野球ができなかったので、しっかりと守備を見直して、やっていきたいと思います」今大会は再三、球際が強い守備を見せてきた創成館。その強みを発揮することができるか。一戦ごとに強くなっている創成館はこの勢いを持続したい。

 一方、明徳義塾はエース・市川 悠太は一番の内容を示すことができるのか。普段は8割程度の力で投げつつ、ここぞというところでマックスの力で勝負する市川だが、まだ自分自身のピッチングには満足していない。市川は準決勝の静岡戦後、「創成館打線は強力だと思いますし、今日よりも気を付けてピッチングをしていきたいと思います。まだストレートが走っていないので、しっかりと食べて、休んで明日に備えたいと思います」
ここまで2試合完投している市川。決勝はもちろん投げるつもりだ。「連投はそれほど影響がありません。今大会はすべて自分が投げるつもりです」と鉄腕ぶりをアピールしたいところだ。

 打線は主砲・谷合 悠斗、巧打者・田中 闘など長打力、巧打力がある打者がそろい、畳みかけるときの攻撃力は脅威である。

 お互い攻守の総合力は高く、洗練された試合運びを見せているだけに、1点を争う好勝負が期待できそうだ。ミレニアム世代にとって最初の全国大会。秋の頂点に立つのはどちらか?最後まで手に汗握る熱戦を期待したい。

(文・河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
第129回 選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第609回 優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!【大会展望・総括コラム】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs静岡【2017年 第48回明治神宮野球大会】
創成館vs聖光学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
創成館 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム