第605回 神宮大会に登場するドラフト候補たち!今年の神宮の主役になれるのか??2017年11月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 明日から開幕する第48回 明治神宮野球大会。全国から集まる10校の精鋭の中からピックアップして、逸材を紹介したい。

 まず投手では柿木 蓮大阪桐蔭)のピッチングに注目が集まる。最速147キロの速球、120キロ台のスライダー、120キロ台のフォークを中心に組み立てる本格派右腕だが、近畿では140キロ前後。それでも粘り強く抑える投球が光った。また192センチ左腕・横川 凱大阪桐蔭)も、注目の1人といえるだろう。近畿大会での球速は130キロ後半。本人もまだまだだったと語る。神宮大会で登板される可能性が出てきたことに意気を感じている。横川の投球は大阪桐蔭の来年を占う意味で、とても大事。大きく注目を浴びることになりそうだ。


初の関東大会制覇の原動力となった大谷拓海(中央学院)

 また関東大会初優勝の原動力となったエース・大谷 拓海中央学院)は、常時130キロ後半の速球と落差抜群のフォークで勝負する本格派右腕。落ちる球で勝負できる点がウリ。全国大会でどうアピールできるか。そしてその中央学院と対する明徳義塾市川 悠太は最速145キロを誇るサイドハンド。スライダー、ツーシームの切れも抜群で、完成度の高さは今大会でもトップレベル。四国大会のピッチングを神宮の舞台でも発揮したい。

 創成館川原 陸は、183センチの大型左腕。安定したフォームから繰り出す最速141キロのストレートを武器に、九州大会準決勝で完封勝利を果たすなど、九州地区内では評価が挙がっているが、まだ全国的に無名。大会が終わる頃には、さらに評価を高めることができるか。

 一方、打者ではどの選手が注目か。大阪桐蔭の1番藤原 恭大、4番根尾 昂、5番山田 健太の3人は全国的に見てもトップレベルの力量を持った野手。藤原は総合力の高さは全国トップクラスで、芯でとらえたときの飛距離、そしてあっという間に駆け抜けるベースランニングに注目だ。

 根尾は秋季大会で5本塁打を放った長打力、標準以上の脚力、強肩が光る遊撃守備と見どころ満載。特に注目したいのが打撃。ストライクゾーンに甘く入ったボールは本塁打にしてしまう嗅覚の鋭さ、パワーは全国的に見てもトップクラス。

 山田は、大型の右打ち二塁手。さらに長打力もある逸材として、注目の選手。184センチという体格ながら動きは身軽で、切れもあり、面白い存在。神宮を本拠地にする山田 哲人ばりの活躍を見せることができるのか。

 聖光学院優勝の原動力となった矢吹 栄希も、動きの良さと快打がウリの左打ち二塁手。思い切りのよいプレースタイルで大暴れを見せていきたい。

 日本航空石川上田 優弥は、県大会で3本塁打を打つなど、185センチ97キロの大型スラッガー。打球の飛距離は出場選手トップクラス。パワー、テクニック含めて打撃なら指名候補と思わせる活躍を見せることができるか。

 日大三のショート・日置 航も、都大会で打率6割、さらに、アグレッシブな動きが光る遊撃守備が光る。

(文・河嶋 宗一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第129回 選抜までにココを成長!神宮大会出場野手編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第128回 選抜までにココを成長!神宮大会出場ピッチャー編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第609回 優勝の明徳義塾、準優勝の創成館の選手たちの生の声をお届け!【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs静岡【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第616回 大橋修人(日本航空石川)「150キロとエースの座を追い求めて、すべての経験を糧にする」 【2017年インタビュー】
静岡vs日本航空石川【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
創成館vs聖光学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム