第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!2017年10月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]慶應義塾vs拓大紅陵の対決に注目!応援でも保土ヶ谷を盛り上げる!
[2]明秀日立、健大高崎、花咲徳栄は、逸材野手がずらり
[3]神奈川1位の東海大相模は、神奈川勢としては4年ぶりの選抜を目指す

 21日から開幕する第70回秋季関東地区高等学校野球大会の組み合わせが決まった。今年は野球が文化になっている神奈川県で開催だ。今年も精鋭15チームが集結。開幕から激戦を期待できる関東大会の見どころを紹介していきたい。

慶應義塾vs拓大紅陵の対決に注目!応援でも保土ヶ谷を盛り上げる!

 栃木優勝の國學院栃木は、市立川越と対戦。水沢 龍太朗、宮海土、渡辺匠の3投手のリレーで勝ち上がってきた。強力な作新学院打線を抑えてきた。その3人を主将・大久保謙亮がうまくリードする展開である。打線では遊撃手・近藤翔真、中堅手。青木寿修の能力も高い。対戦する市立川越は準々決勝で浦和学院に完封勝ちしたように、投手力の高さがウリ。エース・太賀 龍丈は130キロ前後の速球、縦スライダーを武器にする好投手。浦和学院を完封した1年生左腕・和田光の二枚看板で勝負。打線も、大会後半からはロースコアの試合が続いたが、大会序盤では打ち勝つ試合も多く、打撃戦にも強い。強豪私学を破ってきた両チームの対決は接戦が期待できそうだ。

 慶應義塾は、エース・生井 惇己は安定感抜群の左腕。しっかりとゲームメイクできる投手。ただ強力打線が相手となるとやや不安を覚える。その分、打線がカバーしなければならないが、俊足好打の遊撃手・宮尾 将、バットコントロールが素晴らしい左バッター・下山 悠介に加え、長打力のある右打者がそろい、機動力を絡めるのが強み。県大会では自分たちの能力を発揮したとは言い難いが、2009年以来の選抜出場は打線の奮起が握っているかもしれない。

 対する千葉1位の拓大紅陵は県内屈指の破壊力を誇る打線がウリ。2回戦の東京学館船橋戦では、最大8点リードを逆転されながらも、13対12と壮絶な打撃戦を制し、準決勝では木更津総合投手陣を攻略し、延長12回にサヨナラ勝ち。そして決勝では中央学院の好投手・大谷 拓海を攻略し、頂点に立った。その強力打線のキーマンは、3番水島 滉陽と4番鈴木 貫太。水島は最短距離で振り抜くバットコントロール、大会2本塁打を打った長打力、俊足が魅力の左の中距離打者。鈴木は、恵まれた体格を生かした長打力がウリの右のスラッガー。ただ投手力に不安を抱えており、両チームの力関係を考えると、打撃戦が予想される。

 またこの対決は応援にも注目。多彩なレパートリーと熱意ある応援で盛り上げる拓大紅陵、名曲・「烈火」など力強い応援で後押しする慶應義塾の対決はブラバンファンにとっても注目といえる。

【次のページ】 :明秀日立、健大高崎、花咲徳栄は、逸材野手がずらり

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第664回 12年ぶり優勝を狙う日大三か?6年ぶり優勝を狙う健大高崎か?春の関東王者はどちらに!?【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第17回 大阪桐蔭が連覇を達成したセンバツを俳優・吉村卓也が語る!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第697回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
霞ヶ浦 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
関東学園大附 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
國學院栃木 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
コメント (3)
市立がんばれ2017.10.15 秋
応援行くぞ!
ファイヤ2017.10.14 ジャスミン
1つ1つの試合で強靱な仲間を作り上げて下さい!期待してます!徳栄プライド持って!
君達の大会です2017.10.12 中央学院OB
自分を信じて、仲間を信じて、勝負心。頑張れ!中央学院。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム