第599回 【埼玉県展望】甲子園優勝の花咲徳栄、春関東優勝の浦和学院など大型チームでひしめき合う!2017年09月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

野村 佑希(花咲徳栄)※写真は共同通信

 22日から始まる埼玉県大会。今年は埼玉県営大宮公園野球場さいたま市営大宮球場上尾市民球場の3会場で開催される。花咲徳栄が埼玉県勢として初の夏の甲子園優勝を成し遂げただけに、盛り上がりを見せる大会となりそうだ。

花咲徳栄、浦和学院、春日部共栄、埼玉栄が中心か?

 この秋も優勝候補として期待がかかる花咲徳栄滑川総合と対戦。主砲・野村 佑希はライトを守る。もともと投げては140キロ台の速球を投げる投手。今年はマルチでの活躍が問われるだろう。前年からベンチ入りしていた齋藤 倖介の投球にも期待がかかる。同ブロックでは鷲宮、坂戸西の戦いぶりに注目だ。

 隣の山では、星野昌平と対戦。投手陣の層が厚く、その投手陣の持ち味を引き出す好捕手・中田陸斗のリードぶりに注目が集まる。埼玉栄はエース・米倉 貫太は、東北九州国際大付を率いた若生監督曰くダルビッシュ 有以来の逸材として期待する。上背があり、ストレートも140キロを超え、将来性は豊か。野手も逸材がそろうだけに、この秋は飛躍の秋とすることができるか。初戦は古豪・所沢商と対戦する。また夏ベスト4の山村学園は、白岡朝霞西の勝者と対戦。破壊力と機動力を兼ね備えた打線で、1年生エース・和田 朋也も安定感抜群の左腕。投打とも力があり、上位進出に期待がかかる。

 夏4強の春日部共栄は、狭山ヶ丘と対戦。右の本格派・森田 幸樹、常時130キロ台の速球で勝負する内藤 竜也、左サイド・大木喬也と投手陣の層は非常に厚く、打線のレベルも高く、強打の一塁手・渡部 太陽は勝負強い一打を見せていきたい。対する狭山ヶ丘は、抜群のコントロールとキレのある変化球を武器にする右サイド・臼井大輝は夏でも好投を見せた投手だ。このブロックは上尾埼玉平成ふじみ野川越東といった実力校が集結しており、勝ち抜くのは容易ではなさそうだ。

 夏準優勝の浦和学院は左腕・佐野 涼弥、大型右腕・渡邉 勇太朗、実戦力が高い近野佑樹の3枚看板は強力。4番蛭間 拓哉も埼玉県内のスラッガーへ成長。走攻守の総合力は高く、優勝候補どころか、関東に進めば、優勝も期待できる布陣だ。同ブロックでは市立川越聖望学園など強豪校がそろっている。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第14回 2017年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第141回 大谷世代!世界で活躍した社会人2年目の2018ドラフト候補を一挙紹介!【ドラフト特集】
第133回 想いはそれぞれ。球児たちが振り返る今年の漢字とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
川越東 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
狭山ヶ丘 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
山村学園 【高校別データ】
鷲宮 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム