第576回 今年の甲子園は9回で試合がよく動いた!編集部が選ぶベストゲーム3試合!2017年08月23日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

大阪桐蔭に逆転サヨナラ勝ちした仙台育英!※写真提供:共同通信社

 第99回全国高等学校野球選手権は花咲徳栄の優勝で幕が閉じた。今年は開幕戦で彦根東波佐見に9回裏に逆転サヨナラ勝ちした。開幕戦の戦いはその大会の傾向を予兆するものとよく言われるが、今年は9回に試合がよく動いた。その中で印象に残った3試合を紹介したい。

明豊vs神村学園 3回戦
 九州勢対決は明豊有利に試合が進んでいたが、9回表、二死まで神村学園が2対5と3点のリードを許す試合展開となっていたが、そこから一気に同点に追いつき、延長戦へ。12回表、二死満塁から1番後藤 拓真(3年)がセーフティスクイズ。これが相手のミスを誘い、塁上の走者がすべて生還。これで3点を勝ち越した神村学園

 その裏、明豊の攻撃もあっさりと二死。試合は決したかにように思われた。しかしここから連打でチャンスを作り、同点に追いつき、最後は押し出し四球でサヨナラ。明豊が再逆転に成功し、8年ぶりのベスト8進出を決めた。今年は9回に試合が動くことが多いが、心に残った方も多いのではないだろうか。

 【明豊vs神村学園の試合経過を全てみる】

仙台育英vs大阪桐蔭 3回戦
 ナイターとなった甲子園で今年の絶対王者が崩れた。試合は7回終わって0対0の試合展開。史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭仙台育英の先発・長谷川 拓帆を捉え、3番中川 卓也がタイムリー。この1点をもらって2年生右腕の柿木 蓮が9回二死まで無失点に抑えていた。しかし、ここから仙台育英が反撃開始。二死一、二塁のチャンスを作り、7番若山 壮樹(3年)が放った打球は遊ゴロ。大阪桐蔭の選手たちはゲームセットと確信して、整列に向かっていたが、一塁手中川のベースを踏むタイミングが一瞬遅れ、セーフに。これで二死満塁。8番馬目 郁也がサヨナラ打を放ち、大阪桐蔭の連覇は絶たれた。

 今年の大阪桐蔭は2年生の主力が多く出ていたが、不振だった。1番藤原 恭大は打率.154、3番中川は打率.250、4番根尾 昂は打率.333だったが、インパクトある活躍を見せることができなかった。そしてサヨナラ打を打たれた柿木も最後で詰めの甘さを残した。これは野球の神様が、君たちは連覇するにはまだ早いよといっているのかもしれない。

 秋ではこの4人が中心となるだろう。そして一塁の中川が新チームの主将に就任した。技術は文句なしのスラッガー。このきっかけが中川をより大きくすることを期待したい。

 【仙台育英vs大阪桐蔭の試合経過を全てみる】

花咲徳栄vs東海大菅生 準決勝
 関東勢対決はハイレベルな試合が繰り広げられた。打撃、守備、走塁...。すべてにおいて今大会トップレベルといっていいほどの内容で、選手たちのスピード感ある動きは高校生のレベルを超えていた。

 9回裏、6対4と花咲徳栄のリードで迎えた9回裏、東海大菅生がチャンスを作り、一死一、二塁から1番田中の遊撃強襲安打。打球がセカンド方向へ転々とする間に、一塁走者・上林 昌義が俊足を飛ばして一塁から生還して、同点に追いついた。

 上林の走塁は東海大菅生の勝利への執念の強さが感じられた走塁だった。試合は延長11回に花咲徳栄が3点を勝ち越し。決勝進出を決めた。かなりタフな試合となったが、花咲徳栄はこの勝利を勢いと変え、決勝戦では14得点を奪って悲願の初優勝。準決勝の勝利が花咲徳栄を強くしたといっても過言ではないだろう。

【花咲徳栄vs東海大菅生の試合経過をすべて見る】

 編集部が選ぶベストゲームは以上である。皆様によってそれぞれのベストゲームは違うだろう。1つ言えるのは今年も甲子園で開催された48試合はすべて見応えがあるゲームだった。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生vs都立府中工【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
大阪桐蔭vs四條畷【大阪府 2018年夏の大会 第100回選手権北大阪大会】
加治木工vs神村学園【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
東海大菅生vs都立東村山西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第12回 大阪桐蔭、春夏連覇へ始動。夏を戦う20人の戦士たち【100回記念大会特集】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第729回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第713回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第709回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム