第570回 いよいよ準々決勝!大本命が敗れた今、優勝はどこにもチャンスがある!2017年08月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

大阪桐蔭に逆転サヨナラ勝ちを決めた仙台育英は今度こそ優勝なるか?※写真提供:共同通信社

 第99回全国高等学校野球選手権大会12日目。ついに準々決勝を迎える。今年は大本命と呼ばれた大阪桐蔭秀岳館が準々決勝を前に敗退する結果となり、どの学校にもチャンスが生まれた。ちなみに全国制覇経験があるのは天理のみ。そのほかの7校は初優勝の可能性を持っている。そんな準々決勝4試合の見どころを紹介したい。

三本松vs東海大菅生
三本松は公立校唯一のベスト8。佐藤 圭悟-渡辺 裕貴を中心としたバッテリーはクレバーで、相手の分析が長けたチーム。接戦を演じるには、やはり佐藤のピッチングと渡辺のリードが重要となる。東海大菅生田中 幹也片山 昂星の2年生コンビを含め、コンタクト能力が高い打者が揃うだけに、東海大菅生打線を惑わせるピッチングを期待したい。逆に東海大菅生は、三本松バッテリーの誘いにならず、自分の狙い球が来るまでじっくりと見極め、甘い球を見逃さず、打ち返していきたいところ。

 東海大菅生は、エースの松本 健吾が中5日で登板できる。このアドバンテージは非常に大きい。松本は三本松の粘り打ちに耐えて、ゲームメイクができるか。

 東海大菅生が持ち前の強打を発揮するのか、それとも三本松が予想を覆す戦いを見せるのか?まずは試合序盤の試合運びに注目だ。

天理vs明豊
天理は技巧派サイドの碓井翔太を中心として守りは堅実で得点圏に走者を背負っても、守り抜く粘り強さがある。守備を見ても2年生ショート・太田 椋を中心とした守りは鉄壁だ。4番神野 太樹も勝負強く、コンタクト能力も高いスラッガー。太田、神野を前に走者をためて着実に点を重ねたい。

 明豊は最少失点でしのいで逃げ切るパターンは難しい。そうなると打撃戦にもっていきたい。鍵を握るのは巧打の1番三村 鷹人、勝負所で燃える浜田 太貴、4番に座る杉園 大樹の3人。この3人が機能すると前後の打者も相乗効果で打ち出すだけに3人の出塁に注目だ。

広陵vs仙台育英
広陵秀岳館仙台育英大阪桐蔭と今大会の優勝候補を破っているように非常に勢いに乗っている。広陵はエース・平元 銀次郎がまだこころもとないが、2番手左腕・山本 雅也の安定感が絶大。3回戦ではリリーフで無安打ピッチングを見せるなど、広島広陵のキーマンだろう。そして今大会4本塁打の中村 奨成。打率7割を超え、勝負を避けられることも予想される。勝負せざを得ない状況にするために4番加川 大樹(3年)の打撃に注目をしていきたい。

 仙台育英はエース・長谷川 拓帆の疲労が気がかりで、センター・佐川 光明の登板も予想される。打線は西巻 賢二などを中心にミート力が高い選手が揃うが、広陵の平元、山本の直球の勢い、変化球の切れ味が本調子だと点を望むのは難しそう。あくまで仙台育英の投手陣の出来次第だが、ロースコアの試合展開が期待できそうだ。

盛岡大附vs花咲徳栄
盛岡大附は主砲・植田 拓が状態を高まり、わんこそば打線を本領発揮しつつある。投手陣は右腕・平松 竜也、左腕・三浦 瑞樹が荒削りで、制球に不安があるが、その分、気持ちの強さで各校の打者を抑えてきた。しかし対する花咲徳栄は、これまで140キロ台を投げる投手を攻略して勝ち上がってきただけに、盛岡大附は多少の失点は覚悟の上で臨むことになるだろう。盛岡大附にとっては、綱脇 慧清水 達也の失投を逃さず攻略できるか。総合力を考えると、花咲徳栄が優勢だが、盛岡大附が周囲の予想を超える打撃を見せた時、思わぬ大差となっているかもしれない。最後の最後まで息が抜けない試合展開が待ち受けていることだろう。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大菅生vs都立府中工【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
東海大菅生vs都立東村山西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第716回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
明豊vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
明豊vs霞ヶ浦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第688回 濱田 太貴(明豊) 「相手投手に投げる球がない打者と思わせたい」 【2018年インタビュー】
第649回 濱田 太貴(明豊)ミレニアム年代の主砲が語る「理詰めの長打論」 【2018年インタビュー】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
コメント (1)
イケイケ徳栄2017.08.20 為五郎
うはゃ!ヽ(^o^)丿

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム