第568回 3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?2017年08月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

市川睦(二松学舎大附)

 第99回全国高等学校野球選手権大会10日目。今日から3回戦に入る。近畿勢対決、九州勢対決があったり、東京二代表が登場したりと、話題性が多いカードである。ベスト8進出を決める4チームはどこになるのか?4試合の見どころを紹介したい。

神戸国際大附vs天理
近畿勢同士の対決は1点を争う岡野佑大は、最速145キロを計測し、好調。黒田 倭人花村 凌の両左腕も好調で、守備力も安定。簡単には失点を許さない。打線は2安打の猪田 和希、2本塁打の谷口 嘉紀と打線も強力。神戸国際大附の強みは強打だけではなく、バント、盗塁と細かい野球ができること。硬軟織り交ぜた野球で勝負を仕掛けていきたい。

 一方、天理は4番神野 太樹が二打席連続本塁打と打撃好調。攻守の要である遊撃手・太田 椋はキーマンとなりそうだ。試合は神戸国際大附の強力打線に対して、天理投手陣がどうしのいで、どう打ち崩していくのかという試合展開となるだろう。

 神戸国際大附はお得意の速攻劇で逃げ切り、天理は粘り強い試合運びで、接戦に持ち込んでいきたい。

三本松vs二松学舎大附
三本松は技巧派右腕・佐藤 圭悟二松学舎大附打線をどう立ち向かっていくのか。右打者、左打者ともに外にゆるく、内に強い配球が求めていきたい。投球の引き出しが広い投手なだけに佐藤の配球が大きく注目される。対する二松学舎大附市川 睦は徹底とした内角攻めで詰まらせる投球を得意とする。まだストレートの走りは本調子ではないが、中4日空けたこの試合では万全の調子で投げることが期待できそうだ。両チームのエースが持ち味を発揮すれば、ロースコアのゲームが期待できそうだ。

明豊vs神村学園
九州勢の対決は、共通点があり、投手陣に不安はあるが、それをカバーできる爆発的な長打力があることだ。しかし初戦では本領発揮とはならなかった。明豊は3番浜田 太貴は4打点と大当たりしたものの、杉園 大樹が不発に終わり、決定打を欠いた。神村学園京都成章のエース・北山を前に苦しんだ。だが、明豊投手陣は北山の実力と比べるとどうしても劣る。よってこの試合では活発な打撃戦が期待できそう。5,6点の勝負となりそうだ。

東海大菅生vs青森山田
どちらも投打の総合力が高く、ハイレベルな試合が期待できそうだ。初戦では先発投手が完投勝利。両チームとも複数投手を揃えるだけに別の投手を先発させるととになるのか。当日の投手起用に注目だ。

 東海大菅生は1番田中 幹也が攻守のキーマン。田中の出塁できるか、得点効率も変わり、守備でも好プレーを見せるだけに田中が攻守で躍動すると、チームも勢いに乗りそうだ。

 青森山田は、7番中澤 樹希也と下位打線が非常に当たっている。そして上位下位の打線も活発で、試合の流れによっては東海大菅生投手陣を攻略する可能性は十分に持っている。投手戦になるのか、打撃戦になるのかは前半の試合運びで決まりそうだ。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第91回 神村学園(鹿児島)編「野上らプロ選手も輩出!今夏甲子園を沸かせる熱戦を見せた神村学園のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第87回 神戸国際大附(兵庫)編「プロ選手も輩出する、強打が自慢の神戸国際大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第46回 福岡ソフトバンクホークス・石川柊太(都立総合工科出身)「大成をもたらした純朴さと素朴さ」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第82回 二松学舎大附(東東京)編「日本球界の宝・鈴木誠也の母校!近年力を増す二松学舎大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 第23回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第23回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs加治木工【鹿児島県 第23回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第453回 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝」への中期・短期・日々目標設定【後編】【野球部訪問】
神村学園vs鶴崎工【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
桜美林vs二松学舎大附【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第525回 ドラフト戦線に急浮上!東海大菅生の右腕・小玉佳吾に熱視線! 【2017年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
青森山田 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム