第563回 仙台育英、北海、日本文理と北の強豪が数多く登場!5日目4試合の見所を徹底解説!2017年08月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

長谷川拓帆(仙台育英)

 第99回全国高等学校野球選手権大会5日目。第2試合まで1回戦となり、第3試合から2回戦に突入する。5日目の見所を紹介したい。

滝川西vs仙台育英
いきなり名門校同士の対決が実現する。 滝川西が、能力の高さだけではなく、戦術、試合運びも優れた仙台育英にどう戦っていくのか。エース・鈴木 愛斗は北北海道大会で全試合完投した安定感あるピッチングをこの試合で発揮できるか。仙台育英はエース・長谷川拓帆が無駄な四球を出すことなく、リズムの良いピッチングでゲームメイクをしていきたい。打線は1番西巻 賢二、3番山田 利輝、5番杉山 拓海の右打者トリオの打席に注目。特に山田は、変化球打ちに長けた選手なだけに山田の前に走者をためていきたい。

日本文理 vs 鳴門渦潮
1回戦最後のカード。大井道夫監督ラストイヤーを迎える日本文理は、投手陣の層の厚さが魅力。エース・稲垣 豪人、最速148キロ右腕・鈴木 裕太西村 勇輝など速球投手が並ぶ。さらに最多失点は決勝戦の4失点と失点も少なく、守備もわずか3失策と攻撃に良いリズムを生むことができており、チーム打率.368をマークしているように全体的にコンタクト能力が高い選手が多く、つなぐ野球で序盤から点を重ねたい。対する鳴門渦潮は、左腕・河野 成季の安定感ある投球に期待。打線は1番豊久 雄友、3番野口 智哉の左の好打者が揃い、エースの河野も打率.615と高打率を記録しており、切れ目のない打線が特徴。好投手揃いの日本文理を捉える力は十分に持っている。日本文理の投手力が上回るのか?鳴門渦潮の打撃陣が捉えるのか?試合終了まで見逃せない。

北海vs神戸国際大附
 昨夏準優勝の北海。昨夏経験者の活躍が初戦突破のカギとなりそうだ。打線は夏4本塁打の川村悠斗が軸となる。堅実な攻め、確実な攻撃、試合運びの巧さで優位に進めていく姿はまさに名門校。勝利のカギを握っているのは、右のエース・阪口 皓亮だ。186センチの長身から投げ込む直球は、140キロを超える。阪口が自分の能力を発揮して、自信をつけることになれば、北海にとって大きな力となるはず。

 だが、神戸国際大附も打撃力、守備力ともに高く、洗練されたチームという表現がぴったりだ。主戦となるのは背番号1の岡野 佑大。常時130キロ後半の速球、スライダーをコントロール良く投げ分けゲームメイク。センバツでは背番号1を背負った制球力抜群の左腕・黒田 倭人も控えており、終盤戦を戦う準備は整っている。打線は核弾頭の後藤貴大、打率6割の森田 貴、4本塁打の猪田 和希の3人が軸。猪田は1.8秒台の強肩を披露し、盗塁を阻止し、守りの要。主将で、遊撃手の田渕も守備力は高く、ヒット性の当たりを数々と処理してきた。

 両チームが持ち味を発揮すれば、終盤までロースコアの好勝負が期待できそうだ。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 2017年は大井道夫監督ラストイヤー。最後まで「逆転の日本文理」を体現【現地記者の高校野球取材ノート】
第87回 神戸国際大附(兵庫)編「プロ選手も輩出する、強打が自慢の神戸国際大附のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
高知vs鳴門渦潮【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
津田学園vs日本文理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
日本文理vs中越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
日本文理vs北越【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
神戸国際大附 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
滝川西 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム