第560回 昨夏覇者・作新学院など関東勢が4チーム登場!2日目4試合の見どころを徹底解説!2017年08月09日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

皆川 喬涼(前橋育英)

 第99回全国高等学校野球選手権大会2日目。この試合は前年覇者の作新学院が登場する。実力校同士の対決が多く、開幕日のように激戦が期待できそうだ

盛岡大附vs作新学院
 昨夏覇者・作新学院、選抜ベスト8の盛岡大附がいきなり激突。岩手大会5本塁打の植田 拓を軸とした強力打線の盛岡大附打線に対し、作新学院バッテリーがどう止めるかが焦点となる。

 作新学院はエース・大関 秀太郎が安定したピッチングを見せるか。また新チームから急成長し、正捕手・加藤 翼も絶大な信頼を置く2番手・篠原 聖弥は球速こそ130キロ台なものの、加藤とのコンビネーションでどう勝負するのか。

 一方、盛岡大附は、左の好打者が多いだけに左腕・三浦 瑞樹の先発が予想される。三浦が終盤まで試合を作り、平松 竜也に回す展開が理想的だが、試合状況によって早めの継投が予想される。

 いつも先手を取って守り切る作新学院からすれば早めの試合主導権を握りたいところ。盛岡大附は先制するか、またロースコアで接戦に持ち込んで、終盤に突き放す展開にもっていきたい。

土浦日大vs松商学園
 31年ぶり出場となった土浦日大は茨城大会で延長15回を経験している粘りが最大の持ち味。まずは2年生エース・冨田卓がどう試合を作るか。打線はチーム打率.363と高打率を残しているように、上位下位打線の切れ目がなく、どこからでも点を取ることができる。

 打線のキーマンは4番・井上 莞嗣。打率.533、1本塁打、11打点と勝負強さと確実性を兼ね備え、今大会注目の2年生スラッガーだ。これまで得意としている後半勝負で接戦をものしていきたい。

 松商学園青柳 真珠直江 大輔のダブルエースの出来、メンタルの強さによって、試合状況は大きく変化しそうだ。松商学園の攻撃のカギを握るのは長野大会で、9盗塁、11得点をマークした井領 大輔。守備に課題を抱える土浦日大にどこまでプレッシャーをかけられるのか?1,2番がチャンスを作り、クリーンナップで還すという王道のパターンでチャンスを作っていきたい。

 決勝戦で延戦15回を制している土浦日大の驚異的な粘りがあるだけに最後まで見離せない試合展開となりそうだ。

前橋育英vs山梨学院
 関東地区を代表する強豪同士の対決が実現。前橋育英の注目はなんといっても吉澤 悠皆川 喬涼丸山 和郁根岸 崇裕は140キロ超えカルテットだ。特に皆川は最速149キロまで伸ばし、今年のドラフト候補として非常に期待がかかる。また仮に皆川が打ち込まれても、左腕・丸山がクローザーとしてスタンバイしており、心強い。

 打線は4番飯島 大夢がどれだけ勝負強い打撃ができるか?それにかかっているといっても過言ではないだろう。
対する山梨学院は左腕エース・吉松 塁はストレートのキレ、変化球の切れも良く、簡単に打ち崩すのは難しいだろう。打線はチーム打率.353を誇るが、前橋育英投手陣から大量点を望むのは難しいだろう。

 前評判通り、ロースコアの接戦となるのか。両チームの打撃陣が実力を発揮し、シーソーゲームの展開となるのか?序盤の攻防に注目だ。

日大山形vs明徳義塾
 5試合で41得点を奪った破壊力ある打線で勝負する日大山形と試合運びの巧さで勝負する明徳義塾との一戦は、どちらが自分の土俵に立って試合運びするかで勝負は大きく変わってきそうだ。

 日大山形は主将で、4番を打つ舟生 大地に要注意。打率.391、3本塁打、11打点と打線をけん引し、ライト方向へも本塁打を打つ技術を持っている。また1年秋から注目を浴びた鈴木 琉生など強打者が揃う。投手陣では4投手をうまく使い分け、少ない失点にとどめたい。

 一方、明徳義塾は日大山形の打撃陣が機能することを想定し、多少の失点は織り込み済みだろう。この試合では日大山形投手陣をどう攻略するかに注力を注ぐことになるだろう。そのためには3番西浦 颯大、4番谷合 悠斗の3,4番がどれだけ機能するか。また攻守の要・今井 涼介、秋の大会から好調を維持している久後 健太の打撃にも注目だ。

 試合のカギを握るであろう両チームの主力打者たちの打席内容は特に目離せない。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 高知東「第3の男」飛躍の予感【四国発】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
横浜vs土浦日大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!【大会展望・総括コラム】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会北信予選会】
松本深志vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
作新学院 【高校別データ】
土浦日大 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム