第559回 第99回甲子園開幕!彦根東vs波佐見の公立校対決、復活を果たした済美の戦いぶりに注目!2017年08月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

八塚 凌二(済美)

 明日からいよいよ第99回全国高等学校野球選手権が開幕する。開幕試合は波佐見彦根東と公立校対決が行われる。この試合の見どころを紹介したい。

彦根東vs波佐見
彦根東は投手陣の顔ぶれが豊富。滋賀大会では5人が登板したが、本格派左腕・増居 翔太、主将でエース右腕・松井 拓真、春季近畿大会の大阪桐蔭戦で好投を見せた原 功征が主に3人が軸。三塁を守る吉本 孝祐もマウンドに登り、そして打っても9打点と勝負強い打撃を見せてきた。対戦相手によって投げられる投手を変えられるのが強みで、初戦ではどの投手を投げさせるのか。また打線は滋賀大会で好調を維持してきたが、甲子園でも発揮することができるか。

 対する波佐見は、チーム打率.371を誇る強力打線がウリ。キーマンは核弾頭の村川 大介。打率.583、5盗塁と打てて走るリードオフマンがチャンスメイクに徹し、長打力あるクリーンナップで還す。投げてはエース・村川 竜也、左腕・隅田 知一郎が交互に投げてきた。まずは村川竜が投げて、最後は隅田が投げるパターンが考えられそうだ。

済美vs東筑
済美はチーム打率.400、68安打中24本が長打とかつての強打を思い出させる強打ぶりだ。その中心が、3番・亀岡 京平、4番・八塚 凌二、5番・吉岡 秀太朗のクリーンナップ。この3人は強力で、甘く入った変化球をいとも簡単に長打にするパワーがある。エース・八塚は粘り強い投球で最少失点に抑えていきたい。

東筑は、技巧派右腕・石田は福岡大会で、福岡工大城東西日本短大附福岡大大濠と打力が非常に高いチームを抑えてきた実績がある。また決勝では、三浦銀二を攻略して勝ち上がっているだけに打力も侮れない。済美が自慢の打力を発揮することができるのか?東筑は石田が好投し、試合の主導権を握ることができるのか?序盤の攻防に注目だ。

藤枝明誠vs津田学園
ともに初出場、さらに東海地区同士の対決となった。津田学園は、エース・水谷 翼が軸だが、投手の頭数は多く、継投策も仕掛けることができる。打線は2年生4番・の上下 大地久保田 拓真など長打力ある打者が揃い、140キロ右腕が数多く揃う菰野を7回コールド勝ちしているだけに侮れない。対する藤枝明誠は、エース・久保田 蒼布津田学園打線の打ち気を逸らす投球を見せることができるか。打線は4番・中田 悠斗を中心に左の好打者が揃い、静岡日大三島と好投手が揃うチームに対して打ち勝ってきた。

 打線は活発で、序盤からシーソーゲームが予想される。序盤・中盤・終盤としっかりとゲームプランニングを建てられたチームが試合を制することとなりそうだ。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
西条vs済美【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs津田学園【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
津田学園vs日本文理【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
大阪桐蔭vs済美【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第11回 津田学園高等学校(三重)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第7回 済美高等学校(愛媛)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第71回 盛岡大附属(岩手)編「2017年に春夏甲子園ベスト8の快挙を果たした盛岡大附属のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
済美vs宇和島東【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第570回 春夏連覇を目指す大阪桐蔭危うし?激しい試合が予想される3回戦4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
東筑 【高校別データ】
波佐見 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
藤枝明誠 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム