第550回 第99回甲子園で注目したいドラフト候補生たち(投手編)!2017年08月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]一気に評価を高めたい速球派左腕カルテット
[2]清水達、皆川など140キロ後半まで速くなった右投手もアピールしたい


田浦文丸(秀岳館)

  8月7日、全国高等学校選手権が開幕する。今年も、注目投手が多く揃った大会となった。ドラフト候補に挙がる投手を紹介していきたい。

一気に評価を高めたい速球派左腕カルテット

 今井 達也作新学院)、藤平 尚真横浜)、寺島 成輝履正社)などドラフト上位候補がズラリと揃った大会となったが、今大会は甲子園でアピールをして、ドラフト上位指名、ドラフト指名にこぎつけたいという選手が多い。まず今大会を代表する投手は山下 輝木更津総合)だろう。186センチの長身から投げ込む直球は、常時140キロ中盤。大会前の練習試合では149キロも出したことも。終盤まで140キロ中盤を計測する馬力は本物。120キロ中盤のスライダー、130キロ中盤のフォーク、125キロ前後のツーシームと変化球の精度は高い。何より激戦区・千葉を勝ち抜いた精神力の強さも魅力。この大会のアピール次第では一気に上位24人以内に入っていてもおかしくない。

 秀岳館田浦 文丸川端 健斗の140キロ後半コンビも高卒プロを狙える実力に達している。センバツでは川端が140キロ後半の速球を連発。川端の方がいち早く指名候補としてアピールをしていたが、田浦も成長。もともと投打にセンスあふれる野手としての評価が高かったが、田浦は熊本大会で最速148キロを計測し、2人とも高卒指名の可能性が強くなった。優勝候補にも挙げられる秀岳館だが、そのキーマンとして両投手ともに初戦から快投を見せていきたい。

広陵平元 銀次郎は手足が長く、好調時は低めに145キロ前後の速球がズバリと決まる。スライダーの切れも良く、さすがU-18一次候補選手と思わせるピッチングを見せてくれる。広島大会決勝ではやや脆さが見えたが、甲子園で立て直し、終始、安定したピッチングを期待したい。

【次のページ】 清水達、皆川など140キロ後半まで速くなった右投手もアピールしたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
第93回 前橋育英(群馬)編「髙橋光成が甲子園初出場・初優勝に導いた!群馬の強豪、前橋育英のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第14回 「プロの世界、誰が成功するかはわからない!」芸人・吉村卓也がドラフト会議2017を振り返る【お笑い芸人・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
創成館vsおかやま山陽【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
おかやま山陽vs下関国際【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
京都成章 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム