第548回 西東京決勝!早稲田実業vs東海大菅生の勝負のポイントを徹底解説!2017年07月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

本日決勝戦!

 30日、西東京大会決勝を迎えた。2年ぶり出場を目指す早稲田実業と4年連続決勝進出した東海大菅生との一戦だ。決勝戦の見どころを紹介したい。

 勝てるチームは、大事な試合で底力を発揮できるチームだが、早稲田実業はまさにそれを体現したチームだ。高校通算107号の清宮 幸太郎野村 大樹というタレントがいて、それぞれの選手たちの能力の平均値も高いが、西東京でダントツでトップのチームかといえばどうだろうか。

 選手の能力値では早稲田実業に並ぶチームは多くあり、そして早稲田実業より上回るチームは西東京には存在する。それでも早稲田実業が勝てるのはここ一番の粘り強さ、試合運びの巧さに尽きるだろう。そして選手たちの精神力の強さが苦しい戦いをモノにしている。

 それを体現しているのがエース・雪山 幹太だ。ここまで全5試合に先発して、しっかりとゲームメイクしている。135キロ前後の速球、カーブ、スライダー、チェンジアップを巧みに投げ分ける右投手で、試合を重ねるごとに安定感が増している。和泉実監督はレギュラーになる選手は「調子の波が少なく、いつでも力を発揮できる選手」だという。それを発揮するには、精神力の強さが問われる。雪山はかなりの精神力の強さを持った選手。また安定感あるフォームで体への負担も少ない。野村のリードも冴えわたり、強打の東海大菅生打線に対しても最少失点が期待できそうだ。

 打線は清宮の前後を打つ2番、4番、5番の存在がとても重要だ。またチャンスメイクする8,9番が機能すれば、東海大菅生投手陣にプレッシャーをかけることができるはずだ。

 一方、東海大菅生。野球選手としての能力は西東京どころか東京でもナンバーワンのチームだといえる。ただ本塁打を打つ能力ではない。走塁、打撃、守備などすべてにおいての能力が高いのだ。東海大菅生の強みはなんといっても投手力。5人の投手陣がいるように、試合状況によって継投できる。まず先発を誰に投げさせるのか?日大三戦で好投を見せた松本 健吾か、それ以外の投手となるのか、注目が集まる。また清宮に対しては初球から凡打を打たせる配球ができるか?また清宮はローボールヒッター。低めをフルスイングさせるような配球は危険。高めのボールで打たせて取る配球ができれば、理想だろう。

 打線は、奥村 治小玉 佳吾松井 惇、3番・佐藤 弘教など強打者揃い。準決勝では4本塁打。ただ早稲田実業バッテリーの巧みな攻めからは長打を期待するのは難しそう。できることは1つ。雪山の攻めるボールをなくす攻めができるか。雪山がここまで好投できたのは、常に自分優位のピッチングができたことに尽きる。雪山が受け身に回った時点で東海大菅生はチャンス。ファール打ち、盗塁などいろいろなことからプレッシャーを与え続け、後半で突き放す攻撃ができれば理想ではないだろうか。

 お互い野球頭脳が高い選手が揃っており、試合序盤からレベルの高い駆け引きが期待したい。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第120回 【2017年ドラフト】 最多本塁打記録を樹立した怪物!清宮幸太郎(早稲田実業)の3年間の軌跡を年表でチェック!【ドラフト特集】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs東京実【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
広陵vs東海大菅生【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs盛岡大附【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第112回 【2017年ドラフト】 注目選手メモリアルギャラリー 『清宮 幸太郎 (早稲田実業)編』【ドラフト特集】
第1回 東海大学菅生高等学校(東京)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
二松学舎大附vs東海大菅生【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コメント (2)
念願の甲子園おめでとう!2017.07.31 菅生ファン
4度目の正直をよく実現させてくれました。
皆さんの努力と、先輩方の背中と、応援団の心強い声援があってのことと思います。
菅生は投手力に注目する記事が多い中、打撃力だって全国に引けを取らないくらい高いんじゃないかな。
誰かが打てない時でも他が代わりに打ち、先制点で投手を助ける。
投手は確実に打者をねじ伏せ、捕手は盗塁を許さず、もし打たれても守備が刺す。全員でカバーし合える最高のチームです!
ぜひ甲子園を楽しんで来てください。
東海大菅生おめでとう♪2017.07.30 ゆず
東海大菅生の皆さんお疲れさまでした。
東海大菅生の本当の強さをみせてもらいました。

メディアヒーローの事ばかり。
でも大丈夫です。
私たちの中では菅生のみんながヒーローです。
チームに係わった全ての皆さんお疲れさまでした。
感動をありがとう♪
甲子園でも頑張って下さい♪

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム