第546回 大阪桐蔭vs履正社、3度目の対決を制するのは?準決勝の見所を紹介!2017年07月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

全国最注目のカードが実現!

 29日、大阪大会は準決勝を迎えた。大阪桐蔭履正社と全国最注目のカードが実現。準決勝2試合の見所を紹介していきたい。

大冠vs上宮
 ここまで強打を見せている大冠上宮の138キロ左腕の巻 大地、右アンダースローの本格派の人見 健太を攻略することができるか?一方、巻と人見は自身の力が試される絶好の相手である。上宮打線は着実に、点を積み重ね、試合の主導権を握っていきたい。

大阪桐蔭vs履正社
 選抜決勝戦以来の対決。今年のチームにとって三度目の対決になるが、ここまで1勝1敗と五分の成績だ。大阪桐蔭は準々決勝で興國に大苦戦したが、エース・徳山壮磨を温存できたことで、中2日で試合に臨むことができる。これが大きかったといえる投球を期待したい。打線は1番藤原 恭大、2番福井 章吾が機能すると、一気に打線がつながるだけに、2人が回るときのイニングに注目していただきたい。

 履正社は準々決勝で大体大浪商の好左腕・宮本 大勢を攻略しているように、破壊力抜群の打撃は全国トップクラス。主砲・安田 尚憲は打率.733と絶好調。絶好調なのは打つ形が非常によく、打ち損じが少ない。大阪桐蔭投手陣にとってはかなり厄介な相手であり、四球で歩かせることが予想される。4番若林 将平の打撃が履正社のカギを握っている。投手陣では選抜決勝戦大阪桐蔭打線に打ち込まれたエース・竹田 祐が春から成長した投球を見せることができるか。

 試合は試合序盤から最後まで激しい戦いが期待できそうだ。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第139回 野村大樹、中川卓也、増田陸の大阪福島シニアトリオに注目!高校野球をリードする存在となるか??【ドラフト特集】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
創成館vs大阪桐蔭【2017年 第48回明治神宮野球大会】
大阪桐蔭vs駒大苫小牧【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第613回 宮﨑仁斗(大阪桐蔭)「大阪桐蔭の2番打者は小さくまとまらず全力で振り、全力で走る!」 【2017年インタビュー】
第605回 神宮大会に登場するドラフト候補たち!今年の神宮の主役になれるのか??【大会展望・総括コラム】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近江【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs近大附【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
上宮 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム