第543回 西東京準決勝!早稲田実業vs八王子、日大二vs東海大菅生の見所をチェック!2017年07月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

松本健吾(東海大菅生)

 西東京大会も準決勝を迎えた。大一番となるこの勝負に、決勝戦まで勝ち進むのはどのチームになるのだろうか。

早稲田実業vs八王子
 ノーシードの日大二がベスト8まで勝ち進んだ。春は帝京因縁の対決だ。これで3年連続の対戦。ここまで1勝1敗と五分五分の状況。[team]早稲田実業は清宮 幸太郎が打撃好調。12打数7安打、3本塁打、9打点と圧巻の成績。この試合でも一発が出る可能性が高い。上位下位と切れ目のない打線は健在で、またエース・雪山 幹太は、4試合すべてに先発し、好投を見せており、安定感は十分。この試合も先取点を取り、守り勝つ野球を見せていきたいところだが、八王子は打線が強力。準々決勝で4番櫻井 陸朗が本塁打を打ち、好調。ここまでの勝ち上がりを見ると、再試合を制したり、準々決勝では悪天候でグラウンドコンディションは最悪。その状況下で、3点差を逆転したりと、逆境に強い八王子ナイン。最後まで何かが起こるか分からない。そんな試合が期待できそうだ。

日大二vs東海大菅生
 日大二は自慢の強打を一大会通して発揮。好投手5人擁する東海大菅生相手にも発揮する可能性は十分にある。東海大菅生は強打の日大三打線を綿密な戦略で完封したが、今回はある程度の失点を覚悟して臨むことになりそう。日大三相手に好投を見せた松本 健吾の登板はあるのか。打線の状態は好調で、早めの勝負を仕掛けて、試合の主導権を握り、守り勝ちたい。注目は4番を打つ、2年生スラッガー・片山昂希。ここまで自慢のフルスイングで、鋭い打球を飛ばしているが、片山らしい打撃を見せてほしい。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第485回 日大二(西東京)伝統校復活へ「打撃力強化」「絶対的エースの確立」で目指す100回大会【野球部訪問】
日大三vs早稲田実業【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第648回 準決勝を迎える春季東京都大会!試合に先がけ見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs関東一【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第683回 雪山幹太(早稲田実業)「135キロでも詰まらせるストレートへのこだわり」 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs錦城学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第671回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」 【2018年インタビュー】
第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第627回 今年の東京一次予選は東海大菅生、東亜学園が登場!注目ブロック、見どころを解説!【大会展望・総括コラム】
第645回 片山 昂星(東海大菅生)「神宮、そして甲子園を揺るがすスラッガーへ」 【2018年インタビュー】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」 【2018年インタビュー】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
東海大菅生 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム