第494回 【西東京展望】早稲田実、日大三の両雄対決の構図に割って入るか、好投手を擁する東海大菅生2017年06月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全国的に注目される二強対決
[2]大会の行方を左右する東海大菅生の抽選 / ノーシードでも力はある創価

 早稲田実業の怪物・清宮 幸太郎の本塁打記録に高校野球の枠を超えて関心が高まる中、6月17日には組み合わせ抽選会も行われることになっており、東京でも夏の大会が近づいてきた。清宮の高校最後の夏だけに、第99回の今年は、特別な夏になりそうだ。組み合わせ抽選会の見どころも交え、東西東京大会を展望する。

全国的に注目される二強対決

野村 大樹(早稲田実業)

 秋、春の都大会はともに決勝戦は、戦前から東京の高校野球をリードしてきた早稲田実業日大三の対決になり、ともに壮絶な打ち合いの末、早稲田実業が優勝している。

 今大会では早稲田実業が1番、日大三が最後の番号である128番になり、両チームとも、決勝戦での再戦をにらんだ戦いになる。他の強豪校にとっても、打倒早稲田実業日大三であり、この両校を軸にした展開になることは間違いない。

 清宮幸太郎の本塁打量産に関心が高まり、練習試合にも注目が集まる中、4番の野村 大樹や2番の雪山 幹太の他、1年生の生沼 弥真人らが内野のポジション争いに加わり、戦力は確実に底上げしている。投手力に不安があるものの、少々の失点は打ち返すだけの強力打線だ。

 日大三櫻井 周斗金成 麗生井上 大成日置 航ら、一発長打のある打者が揃う。秋は清宮から5三振を奪った櫻井は、春の決勝戦では夏を見据えて温存。夏こそ本当の戦いになる。150キロ近い速球を投げる金成の投球にも注目したい。

 昨夏ベテランの永田昌弘監督が復帰した国士舘は、長身のエース・深澤 史遠に山本恵太、夏伐京平ら走塁のうまい好打者を擁して秋、春と4強に進出。しかし、ともに早稲田実業にコールドで敗れているだけに、チーム構成を大幅に変えてくる可能性がある。

 春8強の駒大高は、エース格の吉田 永遠が、球威のあるストレートやスライダーに加え、スタミナもつけてきた。フルスイングの打線は、はまれば怖い存在になる。

【次のページ】 大会の行方を左右する東海大菅生の抽選

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第120回 【2017年ドラフト】 最多本塁打記録を樹立した怪物!清宮幸太郎(早稲田実業)の3年間の軌跡を年表でチェック!【ドラフト特集】
岩倉vs八王子【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs修徳【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs東京実【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
八王子vs日大二【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs都立日野台【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第112回 【2017年ドラフト】 注目選手メモリアルギャラリー 『清宮 幸太郎 (早稲田実業)編』【ドラフト特集】
第1回 東海大学菅生高等学校(東京)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
佼成学園 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
駒大高 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日本学園 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム