第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】2017年05月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

[1]清宮フィーバーで沸いた今年の関東大会
[2]優勝の浦和学院、準優勝の東海大相模の課題
[3]作新学院は心のスタミナ、日大三は守備面の課題を乗り越えられるか

日程付きのトーナメント表をチェック!

清宮フィーバーで沸いた今年の関東大会



清宮幸太郎(早稲田実業)

 今年の春季関東大会は例年にない大きな盛り上がりを見せた。このフィーバーを呼んだのは怪物・清宮 幸太郎早稲田実業)だろう。清宮の姿を見ようと初戦が行われたひたちなか市民球場では、深夜から人が並び、朝6時半の時点で内野席がほぼ埋まり、満員の中で、試合が行われた。清宮は期待通りの活躍を見せる。

 5回裏に、本人は「入っちゃったって感じでした。珍しいホームランでした」と振り返ったように、ライトポール際へ入った本塁打は弾丸ライナーとなった。9回裏、二死一、二塁の場面で打席が回り、相手のバッテリーミスで二、三塁になった後、同点適時打。
「試合前日のミーティングで、自分まで回したら絶対打つからって言ってたんで、ここで凡退したら見せる顔がないので、そういう気持ちで打席に立ちました」
打たなければ試合終了という場面で同点打を打つ勝負強さ、精神力の強さは尋常ではない。改めて清宮の凄さを示した大会となった。続く作新学院戦でも高校通算95号本塁打を打ち、ファンを沸かせた清宮だった。

 清宮フィーバーで沸いた今年の春季関東大会。優勝したのは2年ぶり出場の浦和学院が6度目の優勝を決めた。改めて今大会について総括をしていきたい。

【次のページ】 :優勝の浦和学院、準優勝の東海大相模の課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第664回 12年ぶり優勝を狙う日大三か?6年ぶり優勝を狙う健大高崎か?春の関東王者はどちらに!?【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
第690回 笹川 晃平(東京ガス)社会人代表の4番が語る打撃論 「体の使い方を理解しよう」 【2018年インタビュー】
第612回 井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」 【2017年インタビュー】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム