第487回 清宮フィーバーで沸いた今年の関東を制したのは浦和学院!【関東大会総括】2017年05月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

[1]清宮フィーバーで沸いた今年の関東大会
[2]優勝の浦和学院、準優勝の東海大相模の課題
[3]作新学院は心のスタミナ、日大三は守備面の課題を乗り越えられるか

日程付きのトーナメント表をチェック!

清宮フィーバーで沸いた今年の関東大会



清宮幸太郎(早稲田実業)

 今年の春季関東大会は例年にない大きな盛り上がりを見せた。このフィーバーを呼んだのは怪物・清宮 幸太郎早稲田実業)だろう。清宮の姿を見ようと初戦が行われたひたちなか市民球場では、深夜から人が並び、朝6時半の時点で内野席がほぼ埋まり、満員の中で、試合が行われた。清宮は期待通りの活躍を見せる。

 5回裏に、本人は「入っちゃったって感じでした。珍しいホームランでした」と振り返ったように、ライトポール際へ入った本塁打は弾丸ライナーとなった。9回裏、二死一、二塁の場面で打席が回り、相手のバッテリーミスで二、三塁になった後、同点適時打。
「試合前日のミーティングで、自分まで回したら絶対打つからって言ってたんで、ここで凡退したら見せる顔がないので、そういう気持ちで打席に立ちました」
打たなければ試合終了という場面で同点打を打つ勝負強さ、精神力の強さは尋常ではない。改めて清宮の凄さを示した大会となった。続く作新学院戦でも高校通算95号本塁打を打ち、ファンを沸かせた清宮だった。

 清宮フィーバーで沸いた今年の春季関東大会。優勝したのは2年ぶり出場の浦和学院が6度目の優勝を決めた。改めて今大会について総括をしていきたい。

【次のページ】 :優勝の浦和学院、準優勝の東海大相模の課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第610回 神宮大会を沸かせた逸材たち 期待のドラフト候補を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第128回 選抜までにココを成長!神宮大会出場ピッチャー編【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第608回 明治神宮野球大会総括・連日1万人越えの神宮大会!10チームの収穫と課題【大会展望・総括コラム】
第612回 井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」 【2017年インタビュー】
日本航空石川vs日大三【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第605回 神宮大会に登場するドラフト候補たち!今年の神宮の主役になれるのか??【大会展望・総括コラム】
日大三vs佼成学園【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs日大豊山【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs帝京【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立昭和【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第583回 清宮幸太郎(早稲田実業)が打ち明けたプロ志望のきっかけ、未来像、理想の野球選手像 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム