第485回 本日関東大会決勝!2年ぶり優勝を狙う浦和学院か?初優勝を狙う東海大相模か?2017年05月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

[1]浦和学院は3試合でわずか4失点の2年生投手陣に注目!左腕・佐野は防御率0.00!
[2]東海大相模は140キロトリオと打率.583の森下翔太の出来がカギ

 今年の春季関東大会の決勝戦のカードは、浦和学院vs東海大相模と決まった。浦和学院は2年ぶりの優勝。東海大相模は初優勝を狙う。そんな今回の決勝戦の見どころを紹介していきたい。

日程付きのトーナメント表をチェック!

浦和学院は3試合でわずか4失点の2年生投手陣に注目!左腕・佐野は防御率0.00!



佐野涼弥(浦和学院)

 浦和学院は4月27日、崖っぷちの状態に立たされていた。県大会2回戦の聖望学園戦で9回二死まで1点リードで敗れていた。そこから同点に追いつき、勝ち越して3回戦進出。あわや夏ノーシードの危機だったが、それを回避した浦和学院は県大会優勝。関東大会初戦では強力打線の横浜相手に渡邉 勇太朗佐野 涼弥の2人のリレーで完封勝利。

 準々決勝では近野佑樹、佐野の投手リレーで完封。準決勝では4投手のリレーで日大三を破った。ここまで好投が光っているのは背番号10の佐野である。ここまでの3試合、佐野はすべてリリーフとして登板。9.1回を投げ、13奪三振、無失点と抜群の安定感で勝利に貢献してきた。浦和学院はリードしてどう佐野に回すのかを考えて、試合運びをしてきた。

 佐野だけでは2人の2年生右腕の働きも素晴らしい。188センチ78キロの大型右腕・渡邉は、130キロ後半の速球、スライダー、カーブを織り交ぜて勝負。ここまで2試合に登板し、11回を投げて2失点の好投。また埼玉県大会から好投を見せてきた近野も先発・リリーフで好投を見せ、2試合で、6.2回を投げて無失点の好投を見せている。選手に高いレベルを要求する森士監督も、「投手を中心としたセンターラインはしっかりと成果を残している」と評価をしている。

 一方、打線は1番の矢野壱成が3試合すべて安打を打ち、チャンスメイクに貢献。強肩を生かした三塁守備も魅力で、埼玉県大会では広い大宮県営球場で本塁打を打っており、パンチ力を秘めた打者である。今年は一発を打つ打者は少ないが、コンタクト能力は高く、つながった時が怖い打線である。

 一致団結で2年ぶり6回目の関東大会優勝を勝ち取る。

【次のページ】 :東海大相模は140キロトリオと打率.583の森下翔太の出来がカギ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第124回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第120回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【前編】【僕らの熱い夏2017】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
中央学院vs東海大相模【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大相模vs作新学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs春日部東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第404回 読売ジャイアンツ 菅野 智之投手「心技体ではなく、体心技の考え方 」 【2016年インタビュー】
第397回 東海大相模高等学校 戸崎慶選手「昨秋とはまるで別人 成長したポイントとは?」 【2016年インタビュー】
第383回 東海大学 長倉 蓮選手「1年から頑張れば、2年生、3年生になって返ってくる」 【2016年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム