第471回 いきなり木更津総合vs東海大浦安!今年もシード獲得へ向けて初戦から目が離せない!【春季千葉大会展望】2017年04月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]千葉英和・中央学院ブロック/習志野・千葉敬愛ブロック
[2]柏南・検見川ブロック/専大松戸・東海大市原望洋ブロック

金久保優斗(東海大市原望洋)

柏南・検見川ブロック

 昨秋ベスト4で打撃力の高さが自慢の柏南は、敬愛学園県立船橋の勝者と対戦。また同ブロックでは加圧トレ・食トレで肉体改造に励んできた千葉明徳は伝統校・銚子商と対戦する。千葉明徳のエース・伊藤陸人は右の大型サイドハンド、またリードする菅井 紀美靖も今大会注目の捕手。自慢の強打と強肩を披露していきたい。銚子商は、中学時代、U-15代表経験のある宮内 竜志は一冬超えてどこまでレベルアップしているか注目だ。

 検見川ブロックを目に移すと、志学館四街道など実力校が多く揃い、どこが勝ち進んでもおかしくない。

専大松戸・東海大市原望洋ブロック

 昨秋ベスト4の専大松戸は、千葉経大附磯辺の勝者と対戦。千葉経大附の注目は、エースの菅野 雄太郎。恵まれた体格から投げ込む140キロを超えるは威力十分で、切れ味鋭いスライダーも魅力で、今大会注目の右腕だ。専大松戸は投打の総合力の高さは県内トップクラス。エースの川上 鳳之の速球の最速は140キロを超え、プロからも注目される速球派右腕。今年は球速、制球力、変化球の精度含めて成長した姿を見せることができるか。同ブロックには、東京学館船橋日体大柏など実力校が揃ったブロックとなった。

 選抜出場の東海大市原望洋は、大多喜東金の勝者と対戦。まだエース・金久保 優斗に頼りすぎるところがある。金久保に頼らないチーム作りをすることが、3年ぶりの夏の甲子園出場のカギとなる。同ブロックでは、総合力が高い成田、投手力が高い西武台千葉も躍進に期待がかかる。

 今年もシード権をめぐって激しい戦いが繰り広げられることとなった。多くの試合で手に汗握る熱戦を見せてくれることを期待したい。

▼春季大会の情報はこちらから
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
木更津総合vs国士舘【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
浦和学院vs千葉黎明【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
千葉黎明vs青藍泰斗【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
第488回 八千代松陰 「松蔭ブルー」に染めるべく、課題を克服して夏に向かう!【後編】【野球部訪問】
第682回 箱山慶人(日体大柏)「どんな時でも試合を作る、チームのエースとしての強い覚悟と責任」 【2018年インタビュー】
第672回 清宮 虎多朗(八千代松陰)飛躍を止めず、2018年は清宮(せいみや)の年に 【2018年インタビュー】
第438回 木更津総合高等学校  佐々木駿選手 「チャンスを掴める選手は毎日努力してきた選手」 【2016年インタビュー】
第343回 木更津総合高等学校 早川 隆久投手「全国レベルの攻略困難な投手を目指して」 【2015年インタビュー】
第340回 木更津総合高等学校 山下 輝選手「目指すは重苦しい雰囲気を打破できるスラッガー」 【2015年インタビュー】
大多喜 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
敬愛学園 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】
多古 【高校別データ】
千葉英和 【高校別データ】
千葉経大附 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
銚子商 【高校別データ】
東金 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
成田国際 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
県立船橋 【高校別データ】
幕張総合 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム