第465回 大阪桐蔭が5年ぶり2度目の選抜制覇!優勝までの軌跡と夏へ向けての課題2017年04月02日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主将の福井章吾の統率力の高さが5年ぶりの選抜制覇につながった
[2]選抜ではそれぞれが個性を発揮!迎える春季大会ではどんな選手起用を行うのか?


優勝を決めて歓喜の大阪桐蔭ナイン

 大阪桐蔭の優勝で幕が閉じた第89回選抜高校野球大会。今回は大阪桐蔭の優勝までの軌跡を振り返りつつ、夏へ向けての課題に迫っていきたい。

主将の福井章吾の統率力の高さが5年ぶりの選抜制覇につながった

 今大会、2年生の活躍ぶりが取り上げられる大阪桐蔭だが、このチームを支えたのは主将の福井 章吾の存在が非常に大きい。前チームから経験があり、チームの状態を把握して、指示や話し合いができる福井を見て、西谷監督は口出しすることなく、福井に任せたという。

 今年のチームは前チームでの試合出場経験のある選手は少なかったが、福井の抜群のキャプテンシーにより一戦を戦うごとに結束を深めていき、昨秋は近畿大会ベスト4まで進出した。

 オフシーズンでは、個々の能力、チーム力を高めるために徹底的に追い込んだ。しかし、正捕手・岩本 久重が2月に痛めた手首を手術することになり、選抜はベンチから外れることが決まった。

 この緊急事態を救ったのが福井だった。急造で正捕手となった福井だったが、今大会では大きな活躍を見せた。安定したキャッチングと、投手の持ち味を引き出すリードを心掛け、さらに相手打者の狙い球を絞らせない、外すリードも見事だった。待球作戦を仕掛けるチームに対してはストライク先行。初球攻撃を仕掛けるチームに対しては、ボール気味の変化球を投げて打たせて取るなど、さえたリードができていた。そして抜群の強肩ぶりを見せ、イニング間の送球は、1.8秒~1.9秒台の強肩を披露するなど、捕手として高い能力を発揮し、岩本の穴を埋める活躍を見せた。

 福井は試合後の優勝インタビューでは、選抜に出られなかった岩本にも感謝の思いを口にした。選抜前の取材では、「選抜で優勝して閉会式で優勝旗を頂いて、それを持って場内行進をしていることをイメージしています」と語った福井は、見事にそれを実現をさせた。

【次のページ】 :選抜ではそれぞれが個性を発揮!迎える春季大会ではどんな選手起用を行うのか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs智辯和歌山【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs三重【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第639回 【決勝展望】センバツ連覇を狙う大阪桐蔭か?24年ぶりの優勝を狙う智辯和歌山か?【大会展望・総括コラム】
第638回 【準決勝展望】いよいよ選抜準決勝!見所を解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs明秀学園日立【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花巻東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs伊万里【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第662回 柿木 蓮(大阪桐蔭)「豪快なピッチングを追求していきたい」【後編】 【2018年インタビュー】
第661回 柿木 蓮(大阪桐蔭)センバツ連覇へ誓う「バッケンレコード」【前編】 【2018年インタビュー】
第656回 中川 卓也(大阪桐蔭)「強い決意」で「センバツ連覇」に挑戦する 【2018年インタビュー】
第653回 根尾昂(大阪桐蔭)【後編】危機感を胸に。センバツ連覇狙う 【2018年インタビュー】
第647回 根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化 【2018年インタビュー】
福井 章吾(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム