第447回 番狂わせ、劇的サヨナラなど好試合が多かった2016年の東京高校野球!ライター・大島氏が総括!2016年12月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]清宮・早稲田実業の苦杯と成長
[2]力強さが増した都立校

 2016年の東京都は優勝・関東一、夏は東東京優勝・関東一西東京優勝・八王子優勝・早稲田実業で幕が閉じた。どの大会も決勝戦に行くまでの試合が見所があり、そしてどの大会の決勝戦も大きく盛り上がった。そんな今年の東京都を振り返っていきたい。

清宮・早稲田実業の苦杯と成長

清宮 幸太郎(早稲田実業)

 今年も、東京のみならず、全国的にも最も注目されたのは、早稲田実業の怪物・清宮 幸太郎関連記事であった。昨年と比べ力みがなくなり、打者として、一段とレベルアップした。しかし今年は、春夏ともに清宮が甲子園に出ることはなかった。対戦校の監督からは、「早実は、対策を立てやすい」という声をよく聞いた。清宮と、夏からは1年生の野村 大樹関連記事が加わったが、この2人をマークをしていれば、なんとかなると見ているチームもあった。

 春季都大会では、都立昭和の左腕・田舎 凌のスローボールに多くの打者が苦しみ、4番小谷 英志の満塁弾に沈み、は、八王子の総力戦に屈した。必死に早稲田実業を破ろうとする両チームの執念が上回っていたのだ。

 それでもは、主将に就任した清宮が先頭に立ってチームを引っ張り、各打者の成長が見せて、打線に厚みが出て来た。さらに中川 広渡赤嶺 大哉らの1年生投手の成長に加え、明治神宮大会では、不振だった服部 雅生も腕が振れるようになり、展望が開けた。センバツでの活躍を期待したい。

実力接近、好試合が多かった夏の大会

 今年の特徴は抜き出たチームがなく、戦力が拮抗していた。その中で、春の都大会夏の東東京大会を制した関東一は、走攻守のバランスが優れていた。西東京を制した八王子も、「ありんこ軍団」の名の通り、打線の上位下位に、ほとんど差がなかった。例年だと、準々決勝以降は実力のあるチームが本領を発揮しはじめ、健闘してきたチームは力尽きて大差になることが多かったが、今年はそうした試合が少なく、特に東東京大会は準々決勝以降の7試合は1点差試合が4試合と見応えがある試合が多かった。

 その一方で、1年生から甲子園で活躍した大江 竜聖関連記事今村 大輝関連記事三口 英斗を擁する二松学舎大附は、永井 敦士関連記事ら力のある下級生も加わり、実力は全国レベルであったが、力がうまくかみ合わなかった。

 東京の高校野球は、早稲田実業に加え日大三帝京が引っ張ってきたが、日大三は本来のエースである小谷野 楽夕が故障するなど、投手陣の柱が定まらず、勝ち切れなかった。それでも日大三は、秋は櫻井 周斗がエースに成長。都大会の決勝戦では縦スライダーを武器に、早稲田実業の清宮を5打席連続三振に仕留めるなど、存在感を示した。

 帝京も1年生の松澤 海渡が、秋にはエースらしい投球をするようになった。ただ、1年生の夏から4番を打っている岡﨑 心は、負傷で秋は欠場。負傷の多さが気になるところだ。

【次のページ】 力強さが増した都立校

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦和学院vs日大三【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
日大三vs霞ヶ浦【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
作新学院vs早稲田実業【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
日大三vs専大松戸【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
早稲田実業vs花咲徳栄【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第483回 清宮幸太郎、高校通算93号までの軌跡!【大会展望・総括コラム】
第482回 今年も各県から名門が集結!この大会でスターになるのは誰か?【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第88回 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?【ドラフト特集】
第7回 週刊せり高校野球【センバツが早稲田実業と日大三を強くした】【芹玲那の高校野球レポート】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第529回 夏は二刀流として期待!金成麗生が剛速球左腕としてのベールを脱ぐ! 【2017年インタビュー】
第523回 八王子の豪腕・米原大地!夏連覇はこの男の右腕にかかる! 【2017年インタビュー】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第483回 清宮 幸太郎選手(早稲田実業)「フォア・ザ・チーム」で全部勝つ 【2017年インタビュー】
日本ウェルネス 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム