第446回 2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!2016年12月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高松商、鳴門、いなべ総合、明石商の健闘が目立った今年の高校野球
[2]関東圏では市立川越、都立城東、都立日野の躍進が光る
[3]西尾東、松本工、石岡一など試行錯誤を重ねながら実績を重ねる公立校にも注目

 甲子園の常連校と言われている、いわゆる強豪私学と、多くの公立高校をはじめとする、特に野球部を強化指定部としてはいない普通の学校との二極分化。この傾向は、近年ますます顕著になってきている。そうした中で、今年もいくつかの公立校は健闘を示した。そんな公立校はどのようにしてチームを作り、戦っていったのだろうか。

高松商、鳴門、いなべ総合、明石商の健闘が目立った今年の高校野球

米麦 圭造(高松商)

 春のセンバツでは高松商が準優勝を果たし、第1回大会で優勝も果たしている公立伝統校の意地を示した形となった。20年ぶりの出場で、55年ぶりの決勝進出となったが、中学野球の指導者として全国大会へ導いていた実績のある長尾 健司監督が就任して3年目。県内の有望中学生が、長尾監督を慕って高松商に進んできたのも大きかった。

 最初に長尾監督は伝統校にありがちの理不尽な上下関係を廃除するところから始めた。そして、選手個々を伸び伸びとプレーさせたことで、それが実を結んだ形となった。米麦 圭造主将を中心として、選手たちだけで自主的にミーティングを開いて、徹底的に本音で話し合って、意識を作っていったことも大きかったという。

 同じ四国勢で、鳴門が公立勢としては唯一ベスト8に残った。鳴門は、5年連続の出場となっていたが、徳島県では有力私学と呼ばれるところが生光学園しかない。とはいえ、5年連続は素晴らしい実績だ。甲子園でも佐久長聖、春の王者智辯学園盛岡大附といった私学強豪を倒したのは見事だった。昔ながらの砂浜ランニングや山道を走るトレーニングで下半身を作って基礎体力をしっかりと作っていったことが、手束 海斗君が開幕第1号本塁打するなど、結果的にパワーアップにつながった。かつて甲子園で一時代を築いた「渦潮打線」の復活を喜ぶファンも多かった。

 センバツの初戦高松商と延長を戦ったいなべ総合学園も健闘した公立校の一つだった。春夏連続出場を果たし、夏は2勝した。三重県勢は、前年津商が出場して活躍しているが、三重海星などが力を示す中での健闘だ。いなべ総合は環境的にはグラウンドも広大で恵まれているともいえるが、尾崎 英也監督が反復練習で鍛え込んでいくというチーム作りだ。試合を作れる投手陣が毎年、複数育てられているのも、やはり徹底した基礎体力作りからのものであろう。

 センバツでは市立の明石商も初出場でベスト8に残ったが、明徳義塾で高校コーチとして甲子園に出場し、同中学を率いて全国で4度優勝などの実績がある狭間 善徳監督が、明石市の公募に応じて2007年から就任。もちろん全員が県内出身者で、必ずしも恵まれた体格ではないという選手たちに徹底してきたのが、どんな形でも犠打を決めていくというバントの徹底ぶりだった。

 普段の練習でも、シート打撃ではなくシートバント練習をメニューに組み込んでいるくらいだ。夏も兵庫大会決勝まで進んだが、同じ市立校の市立尼崎に敗れた。市立尼崎明石商の活躍に刺激を受けて、「自分たちもやればできる」という思いで、準々決勝では報徳学園に1対0で競り勝つなどして、市制100周年を飾る出場となったのは立派だった。

【次のページ】 関東圏では市立川越、都立城東、都立日野の躍進が光る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第666回 出そろった100回大会・香川&愛媛の春を総括!【大会展望・総括コラム】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
いなべ総合vs中京学院大中京【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
いなべ総合vs東海大静岡翔洋【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第659回 新ライバル対決を制した常総学院は強打野球に転換。頂点を狙う投打の怪物たち【大会展望・総括コラム】
第69回 私学4強がそれぞれの力を示すも、微妙に勢力構図も変化し混戦の様相【愛知・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
日立一vs石岡一【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
浦和学院vs市立川越【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第684回 瀬戸川隆人(都立城東)17年ぶりの聖地を目指す「公立の雄」を引っ張る右腕 【2018年インタビュー】
第680回 松本 航(日体大)短期間でフォーム修正を可能にした体の柔軟性 【2018年インタビュー】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
いなべ総合 【高校別データ】
大府 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
東浦 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
西尾東 【高校別データ】
都立日野 【高校別データ】
日立一 【高校別データ】
松本工 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム