第444回 2016年シーズン・対外試合期間が終了!春・夏・秋の大会結果をおさらいしよう!2016年12月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]智辯学園の優勝で幕が閉じた選抜大会 高松商の復活も印象的
[2]好投手登場で沸いた夏の甲子園、最強投手陣でアジア制覇!
[3]今年も緊張感ある戦いが続いた秋季大会

 11月30日をもって、対外試合期間が終わり、今日12月1日から来年3月上旬まで対外試合禁止となる。2016年の高校野球を振り返っていきたい。

智辯学園の優勝で幕が閉じた選抜大会 高松商の復活も印象的

【2016年選抜】エース・村上の快投で智辯学園が甲子園初優勝!


智辯学園優勝シーン

 2016年選抜は、大阪桐蔭東邦敦賀気比といった名門校の躍進が期待されたが、優勝を果たしたのは智辯学園だった。開幕戦福井工大福井を破った智辯学園は、投打ともにバランスの良い試合運びで強豪校を次々と破り、決勝戦では高松商と息詰まる投手戦を演じ、最後はエースの村上 頌樹のサヨナラ打で初優勝を収めた。

 大会中のエース村上の安定感、智辯学園のゲームマネジメントは素晴らしいものがあった。また準優勝の高松商は55年ぶりの決勝進出を果たし、多くのオールドファンを喜ばせるだけではなく、ひた向きかつ爽やかなプレースタイルにより多くの高校野球ファンの心をつかんだ。

【2016年春季大会 地方大会優勝校】

北海道:札幌大谷
東北:東北(宮城)
関東:前橋育英(群馬)
北信越:星稜(石川)
東海:常葉橘(静岡)
近畿:履正社(大阪)
中国:崇徳(広島)
四国:高知(高知)
九州:福岡大大濠(福岡)

 この9チームのうち夏の甲子園に戻ってきたのは東北前橋育英履正社星稜の4チームだった。春優勝してもそのまま強さを維持するのは難しいということが分かる。

【次のページ】 好投手登場で沸いた夏の甲子園、最強投手陣でアジア制覇!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
習志野vs作新学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
作新学院vsれいめい【2018年 練習試合(交流試合)・春】
作新学院vs鹿屋中央【2018年 練習試合(交流試合)・春】
興國vs履正社【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第147回 清宮幸太郎に続け!今年の高卒1年目野手はハイレベル!【ドラフト特集】
第671回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」 【2018年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
入江 大生(作新学院) 【選手名鑑】
大西 健斗(北海) 【選手名鑑】
納 大地(智辯学園) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
佐藤 勇基(中京大中京) 【選手名鑑】
鈴木 将平(静岡) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
野村 大樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
林中 勇輝(敦賀気比) 【選手名鑑】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
松尾 大河(秀岳館) 【選手名鑑】
村上 頌樹(智辯学園) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム