第438回 清宮幸太郎は5三振を覚醒のきっかけにできるか?2016年11月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]清宮の強みは外角球を高確率で本塁打にできるコンタクト能力
[2]神宮大会、そして選抜へ向けての課題とは?

 高校通算74本塁打の清宮 幸太郎が5打席連続三振。この結果に対し、かなり不安視される方が多いであろう。だが今後の清宮を考えると、良い経験だった。それはなぜかといえば、いずれ高いステージを目指すことになる清宮にとっては日大三櫻井 周斗クラスの投手との対戦は必ずあるからだ。そんな清宮の課題を考えていきたい。

清宮の強みは外角球を高確率で本塁打にできるコンタクト能力

清宮幸太郎(早稲田実業)

 清宮はここまでの公式戦で、15本塁打を放っている。やはり規格外の数字なのだが、そのうちすべて15本塁打が右投手である。清宮の本塁打を振り返ると、コーナーで外しに行った変化球や甘く入ったストレートを見逃さず打ち返すことができている。打っているコースのほとんどが外角で、外角の場合は、やや低め~高めまでしっかり打ち返している。

 すごいのは緩いボールをバックスクリーンに飛び込む当たりを打つところ。そんな高校生はそうはいない。

 右投手からこれほど本塁打が多いのは、踏み込みがしやすく、自分のフォームで打てるというのがあるのだろう。また右投手が投じる内角もとっさの反応で本塁打にすることができている。

 逆に左投手から放った本塁打はゼロ。左投手の櫻井 周斗に5打席連続三振を喫したのを見て、左投手に弱い印象を受けるかもしれないが、決して全く打てないというわけではなく、過去の試合を振り返っても左投手の外角球に対してしっかりと踏み込んで打ち返すところを見ると、清宮は右、左問わず外角球がヒットゾーンであることがわかる。

 高校生の配球を見るとほぼ外角球が占めるだけに外角を打ち損じしないための清宮の打撃スタイルは理に適っている。

 たとえ5三振に終わっても、清宮のミート力、長打力、パワーが全国の打者と比べてもやはりナンバーワンであることは間違いない選手だ。

 だが、どの選手もいつでも絶好調なわけではなく、ここにきて清宮の強みであるコンタクト能力が鈍っている。その証拠として、都立片倉戦(試合レポート)から4試合連続で本塁打なし。関東一戦(試合レポート)と日大三戦(試合レポート)に限っては無安打だった。

 理由としては強くインコースを意識した配球で、迷いが見えたこと。清宮の打撃を見ると強烈なインステップで撃ちに行く。これは外角球をしっかりとたたくためで、悪いことではないが、その分、インコースのコンタクト能力が悪くなる。こういう場合、インコースに備えていくなどのとっさの対処が必要になるが、調子を落としている清宮の場合、それで対処できる余裕がなかった。

 そこに140キロ台の直球、さらに必殺の縦スライダーで勝負する櫻井 周斗がきた。インコースを意識させて、最後は縦スライダーで打ち取る配球で5打席連続三振を喫したのはある意味、予想できたことかもしれない。縦の変化球に対し、見極めが全くできなかったのは、大きな課題として残った。

 清宮は「練習試合でも5三振がありましたので、こういうときもあると思うしかないです」と不調を受け入れている様子だった。櫻井が投じたすべての球種が完璧だったわけではなく、櫻井自身も「ヒヤッとするような甘いボールを投げたことがあります。それで痛烈なファールを打たれてどきっとしたのですが」と振り返るように、これをもししっかりと打ち返していたら、試合展開は大きく変わっていただろう。

このページのトップへ

【次のページ】 神宮大会、そして選抜へ向けての課題とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第664回 12年ぶり優勝を狙う日大三か?6年ぶり優勝を狙う健大高崎か?春の関東王者はどちらに!?【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs桐光学園【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第660回 3会場とも見所満載!逸材続々登場、ビッグカード揃いの関東大会2日目!(最新版)【大会展望・総括コラム】
第663回 日本一ハイレベルな春季関東大会が幕開け。強打の花咲徳栄、日大三が登場!【大会展望・総括コラム】
第658回 春の東京に起こった2つの「トウテイ」。夏はどんな流れになるのか?【大会展望・総括コラム】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
第683回 雪山幹太(早稲田実業)「135キロでも詰まらせるストレートへのこだわり」 【2018年インタビュー】
第673回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
第671回 野村大樹(早稲田実業) 「ライバルによって掻き立てられた甲子園への想い」 【2018年インタビュー】
池谷 蒼大(静岡) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
都立片倉 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コメント (1)
1試合のみ!2016.11.06 早実オービー
清宮選手、大ブレーキはあの日大三高との決勝戦のみだと信じます!。マダ神宮球場でホームランを打った事も無いようなのでこのジンクスも明治神宮野球大会で吹き飛ばしてくれる事、願ってます

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム