第408回 【第98回選手権大会総括】今年は伝統校復活の1年!また課題となった継投策について考える2016年08月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]作新学院、北海が大躍進!今年は伝統校復活の1年
[2]実感した継投策の難しさ 大事なのは周到な準備と対策だ


優勝を決めた作新学院ナイン

 第98回高等学校野球選手権大会作新学院の54年ぶり二度目の優勝で幕が閉じた。今大会を振り返って、今年の高校野球のテーマは何か。大会通して、新たに課題として出たことについて総括を行っていきたい。

作新学院、北海が大躍進!今年は伝統校復活の1年

今井達也(作新学院)

 54年ぶり二度目の全国制覇を果たした作新学院
 それは2006年から監督を務める小針崇宏監督の力が大きいだろう。自身も作新学院のOBで筑波大を経て23歳で監督に就任。春夏連覇の経験のある同校を率いるプレッシャーはかなりあったはず。それでもしっかりと自分が目指すチーム作りをしていった。小針色が見えたのは、2011年夏の甲子園。佐藤 竜一郎(新日鉄住金鹿島)、石井 一成(早稲田大)など多くの強打者を揃えて、ベスト4まで勝ち上がった。犠打をあまりしない攻撃型のチーム。これが今の作新学院の原形となった。その時の小針監督の姿は今でも強烈で、この時、28歳。20代の若手監督は見た目は選手とあまり変わらない印象を受けることが多い。だが小針監督はこの時からベテラン監督のような風格があったのだ。何かが違う...。

 芯の強い指揮官と感じたのだ。だからこそ若くして作新学院を立て直すことができたのだろう。5年連続甲子園に出場。例年、破壊力ある打線を作り上げていたが、あと一歩及ばなかった。それが絶対的なエースの存在。それが今井 達也だった。その今井も、2年の時はストレートは速いけど、制球力も不安定で、試合が作れない。3年春までケガが続きと、成長の予測が難しい投手であった。

 それで今では、常時140キロ後半。マックスは152キロ。そして130キロ後半のカットボール、フォークを投げ分ける投手へ成長。全国の強力打線も全く太刀打ちができなかった。今井の成長を我慢強く見守ってきた首脳陣、チームメイトの力も大きい。

 あの江川卓氏でさえ達成できなかった夏の甲子園優勝。エースの今井の投球ぶり、作新学院の戦いぶりはまさに伝説が残す戦いぶりだったことは間違いない。

 まだ小針監督は33歳と若く、今のまま続けば、作新学院はこれから10年~20年と常に甲子園出場を狙える名門校として君臨することは間違いない。

また作新学院に限らず、88年ぶりのベスト4進出を果たし、初の決勝進出の北海など伝統校の躍進も目立った。北海は伝統のガッツポーズをしない、基本に忠実な野球を最後まで実践し続けた。感情のブレは少なく、守備で乱れる試合も少なく、終盤に強さを発揮する北海ナインの戦いぶりは、全国の球児にとって参考になるものであった。ケガで苦しんでいた北海。甲子園で勝てるにはどんな野球を見せればいいか。それを長年取り組んでいたことが今年実を結んだ。また伝統校の復活は、選抜準優勝の高松商もそうだろう。春夏通じて20年ぶりの甲子園に出場。強敵を破って、55年ぶりの決勝進出。1983年以来の甲子園出場を決めた市立尼崎も地元のファンを喜ばせた。29年ぶりの出場を決めた九州最古の公立商業高校・長崎商も29年ぶりの甲子園出場を決めた。

 伝統校の復活は1つのテーマだったといえる1年だった。

このページのトップへ

【次のページ】 実感した継投策の難しさ 大事なのは周到な準備と対策だ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第569回 高校野球ドットコムが選ぶU-18代表 精鋭20人を発表!【大会展望・総括コラム】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第11回 日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」【夏の大会特集2017】
第567回 2回戦最後の3試合はすべて好カード!甲子園9日目3試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第98回 甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球【ドラフト特集】
神戸国際大附vs北海【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第35回 北海高等学校(南北海道)【3年連続38回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
盛岡大附vs作新学院【第99回全国高等学校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
第557回 田浦 文丸(秀岳館)「投手があるから打撃も生きる!」 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第485回 履正社高等学校 安田 尚憲選手「西日本最強スラッガーが追求する打撃像」【後編】 【2017年インタビュー】
池田 【高校別データ】
いなべ総合 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム