第305回 【沖縄展望】どこが出場してもおかしくない群雄割拠の沖縄の夏がやってくる!2016年05月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3度目の正直へ!春を制した糸満
[2]負けない野球で立ち向かう!第2シードの豊見城 / 攻守のバランスに優れる名門!沖縄尚学
[3]糸満包囲網を敷く他のライバルたち

 近年の沖縄県高校野球界は、常に優勝候補が複数出てくるのだが、終わってみればその優勝候補の筆頭、もしくは筆頭同士が決勝を争うという図式でもあった。

2013年選抜出場の沖縄尚学夏優勝

2014年選抜出場の沖縄尚学夏優勝
※同年、春季大会優勝糸満が準優勝

2015年春季大会優勝興南夏優勝
※同年、選抜出場の糸満が準優勝

 然るに今回も、秋の優勝八重山と準優勝の興南。そして春の優勝糸満と準優勝の豊見城がその候補となるのだろうが、八重山興南春の県大会で初戦敗退を喫してしまった。また、春の上位2校もは初戦敗退である。他を圧倒する力を有するチームがこの夏には見当たらない。そんな中、第138回九州地区高校野球大会においてベスト4進出を果たした糸満を中心に、来る夏の展望を見ていきたいと思う。正しくは抽選会後の方が立てやすいのだが、そこはご了承願いたい。

3度目の正直へ!春を制した糸満

大城 翔太郎(糸満)

 斬り込み隊長の大城 翔太郎とエースで4番を務める平安 常輝。投打の柱であるこの2人をはじめとした3年生たちは、凄い先輩たちを目の当たりにして育ってきた。昨年なら池間 誉人(専修大)や大城 龍生(中央大)、一昨年は神谷 大雅赤嶺 祥吾(共に拓殖大)らがそう。その先輩たちが手に入れることが叶わなかったのが夏の頂点だ。2年連続準優勝は凄いことだが、だからこそ3度目の正直として、自分たちの手で最後の夏の優勝を掴むと意気込んでいるのは間違いない。

 その強い思いが、九州大会でのベスト4へと繋がったと見える。春の県大会打率.417(24打数10安打)の大城 翔太郎は、真のエースクラスが集う準々決勝以降の3試合で打率が.467とさらに跳ね上がり、優勝の立役者として申し分ない働きを披露。一方、平安 常輝も延長14回を投げ切った準決勝の沖縄尚学戦と、決勝豊見城戦で連続完投。2日間23イニング313球を投げて僅か失点1(自責点ゼロ)と、昨年からのさらなる成長の証を見せた。

 その他にも興南比屋根 雅也からホームランを放った桃原 虎雅や、全6試合安打をマークした徳元 ジンなど、飛車角金銀とコマが揃う。5年ぶりの夏の聖地へ向け、死角は無くなりつつある。

このページのトップへ

【次のページ】 負けない野球で立ち向かう!第2シードの豊見城 / 攻守のバランスに優れる名門!沖縄尚学

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神村学園vs美里工【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
神村学園vs美来工科【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
秀岳館vs沖縄尚学【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
沖縄尚学vs美里工【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2017年春の大会 春季沖縄県大会】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第28回 県立名護高等学校(沖縄)【冬が僕らを強くする2017】
第39回 興南と沖縄尚学の完全2強だが、中部商や美里工も台頭(沖縄)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第12回 県立宮古総合実業高等学校(沖縄)【冬が僕らを強くする2017】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
安里 大心(沖縄尚学) 【選手名鑑】
上原 麗男(興南) 【選手名鑑】
大兼久 亮平(沖縄尚学) 【選手名鑑】
翁長 宏和(豊見城) 【選手名鑑】
上間 康貴(那覇商) 【選手名鑑】
黒島 投真(八重山) 【選手名鑑】
砂川 リチャード(沖縄尚学) 【選手名鑑】
タイシンガー ブランドン 大河(石川) 【選手名鑑】
平良 竜哉(前原) 【選手名鑑】
平良 海馬(八重山商工) 【選手名鑑】
武内 由伸(美来工科) 【選手名鑑】
桃原 虎雅(糸満) 【選手名鑑】
富名腰 泰雅(与勝) 【選手名鑑】
仲宗根 登夢(美来工科) 【選手名鑑】
仲地 玖礼(嘉手納) 【選手名鑑】
仲西 莉音(沖縄尚学) 【選手名鑑】
比屋根 雅也(興南) 【選手名鑑】
平安 常輝(糸満) 【選手名鑑】
宮城 錬(中部商) 【選手名鑑】
山根 蓮太(前原) 【選手名鑑】
石川 【高校別データ】
糸満 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
豊見城南 【高校別データ】
名護 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
那覇西 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
本部 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
与勝 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム